中村俊輔の「J1歴代最多FK弾“24発”」を徹底解剖! お得意様は? 最も被弾したGKは?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年04月26日

意外にも“決めたことのないFK”がある

J1で歴代最多となる俊輔のFK弾リスト。24ゴール中、半数以上をホームスタジアムで決めている。

画像を見る

 自身二度目のMVPに輝いた13年シーズンには、年間では過去最多となる4度のFK弾をマーク。緩急を自在に操り、カーブやストレート、ブレ球と多彩な球種を駆使して正確にコースを射抜く。そんなFKのエキスパートでもある俊輔だが、意外にも“決めたことのないFK”があるという。

 17年シーズンの31節、当時は磐田に所属していた俊輔は、古巣の横浜と対戦。2-1で勝利を収めた試合で、52分、ペナルティアーク付近の絶好の位置でFKのチャンスを得る。丁寧にボールをセットした俊輔は、一度、蹴るフリを見せ、止めて、短い助走から左足を振る。壁の下を狙ったグラウンダーのシュートだった。GK飯倉大樹の反応は一歩遅れる。だが、惜しくもボールはポストに嫌われてしまう。

 試合後、俊輔は件のシーンを次のように振り返った。

「ファーか、壁下か、そのどちらかにしようと。ニアなら、足首だけで救い上げるようなシュートでも良かったけど、僕、壁の下で決めたことがないんで。飯倉から決めようかなと思って。あんなキツいコースを狙わないで、もう少し内側で良かった」
 
 この横浜戦からさかのぼること約1か月前の大宮戦で“24発目”をねじ込んでいた俊輔だったが、記録更新とはならなかった。

 その状態は今も続いている。18年シーズンはゴール自体がなく、昨季は夏に磐田から横浜FCに新天地を求め、自身初となるJ2のピッチで強烈なミドルによる1点を挙げたのみ。

 約2年半、J1でFKを決めることができていない。今季こそ、自己が持つレコードをアップデートできるか。リーグ再開後、熟練の技巧で新記録を樹立してほしい。

文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】「伝説のFK弾」も!中村俊輔のキャリアを厳選フォトで振り返る 1997~2020
【関連記事】
【担当コラム|横浜FC】俊輔が語る引き際の美学、そして静かなる野望について
「天才。まさにそんな選手だ」セルティック時代の恩師ストラカンが中村俊輔の“凄み”を地元紙で回想!
語り継がれる伝説――スコットランド代表の“10番”が中村俊輔への憧れを語る「ボールボーイだった僕は…」
「最も偉大な一撃」中村俊輔の芸術弾をセルティック地元紙が再脚光! 名手ファン・デルサルを唸らせたFKとは?
「見苦しいかもしれないけど」2試合連続ベンチ外の中村俊輔は今、何を思う?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ