• トップ
  • ニュース一覧
  • 「どっちが試合に出てもおかしくなかった」びわこ成蹊スポーツ大のGK2人がJ内定に至ったライバル秘話

「どっちが試合に出てもおかしくなかった」びわこ成蹊スポーツ大のGK2人がJ内定に至ったライバル秘話

カテゴリ:Jリーグ

森田将義

2020年01月08日

大学最後の檜舞台となったインカレで正GKを務めたのは…

J内定5選手での合同会見を実施。左から、GK糸原(鳥取)、FW井上(秋田)、MF忽那(愛媛)、FW青山(福島)、GK田中(富山)。写真:森田将義

画像を見る

 田中にとっても、「紘史郎とは大きな力の差はなく、どっちが試合に出てもおかしくなかった。大学で一番身体能力が高く、セービングの際にもう一延びする所とか、キックの威力は凄い。コンスタントに試合に出ていたら余裕でJ1に行ける選手」と評する糸原の存在は大きかった。

 田中は、ベガルタ仙台のジュニアユースとユース時代は同年代の選手がいなかったため、「練習で良い所を見せないとスタメンから落ちるという危機感を持ってやれたのは大きかった。『糸原には絶対に負けたくない』と練習から思えたから大学で成長できたと思う」と口にする。

 大学最後の檜舞台となった昨年12月のインカレでは2試合とも糸原がスタメンで出場。試合後は、田中が「お前とライバルとして4年間できて良かった」と声を掛けたという。

「対戦した際は、どっちも試合に出られたら嬉しい」と田中が話す通り、共に2020年シーズンはJ3でプレーするため、対戦する可能性は十分にある。これまでと違った形のライバル関係が続く二人の行く先に、今後も注目だ。

取材・文●森田将義(サッカーライター)
【関連記事】
【移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/22現在)
明治大が10年ぶり3度目のインカレ優勝!延長戦の末に桐蔭横浜大を破り、関東勢で初の大学三冠を達成!
振り切った攻撃サッカーでJ1名古屋に3名の内定者を輩出。インカレ初戦敗退も東海学園大が貫く独自性
選手権4強の帝京長岡・谷内田哲平は22番!京都が来季の背番号を発表。新加入の李、ウタカ、森脇は?
「『絶対にタイトル獲るよ』って思ってない」個性派集団を率いる静岡学園の川口修監督の真意とは――【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ