アジアカップ2015

【アジアカップ激闘録】苦闘の経験を生かし頂点に!「04年」決勝レポート

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2015年01月03日

怯むことなく力を誇示して中国を粉砕。

完全アウェーの強烈なブーイングに晒されながらも、逞しく戦い抜いた日本はアジアカップ連覇を果たした。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 今大会の日本は、先制されるケースが目立った。それでも最後は執念で試合を乗り切り、この決勝戦の舞台まで這い上がってきた。その経験が大事なところで生きた。後半の日本は、中国にほぼ何もさせず、ぐうの音も言わさずに叩きのめしたのだから。
 
 65分、中村のCKを中田浩が胸で押し込み、日本が再びリードする。77分のピンチは川口が二度に渡ってセーブする。次第に戸惑いの色を隠せなくなっていく中国。攻略の糸口を探そうとパスを回すが、打開策は見つからない。逆に日本は、相手の浅いバックラインを下げようと、裏を取るようなパスを何度も通す。もはや勝負は決したようなものだった。
 
 前に意識が傾いた中国守備陣をあざ笑うかのように、中村が必殺スルーパスを玉田へ送る。ダメ押しゴールを背番号20がゲットした瞬間、中国の動きはパッタリと止まり、スタジアムは静けさに包まれた。と同時に、日本代表の、アジアカップ連覇へのカウントダウンが始まった。
 
 6万2000人もの観衆を集めたアウェーの地で、怯むことなく力を誇示して中国を粉砕。大会中、大音響のブーイングに晒され、アジアの新勢力に強烈な突き上げを食らったジーコジャパン。しかし、苦しい戦いを通して得ることになったより大きな経験と自信を携え、祖国へと凱旋を果たす。今はただ、逞しき猛者たちに万雷の拍手を贈ろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ