アジアカップ2015

【アジアカップ激闘録】苦闘の経験を生かし頂点に!「04年」決勝レポート

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2015年01月03日

赤く染まったスタジアムでブルーズが躍動。

福西の先制ゴールに歓喜の輪が広がる。この一撃により、完全なる敵地で主導権を握った。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 1月9日にアジアカップが開幕する。連覇を目指す日本は12日のパレスチナ戦で大会をスタートさせる。
 
 史上最多4度のアジア制覇を成し遂げている日本代表。ドラマに富んだその4度の優勝を『週刊サッカーダイジェスト』のアーカイブからお届けしよう。
 
“完全アウェー”の中国で連覇を達成したのが、2004年大会のジーコジャパン。頂点には立ったものの、選手の自主性に任せたジーコの指揮には危うさが見え隠れした。
 
 決勝レポートを週刊サッカーダイジェスト2004年8月24日号より。
 
――◆――◆――

 湿度が高いためか、スタジアムは白く霧がかかっている。赤い国旗が無数に揺れている。両国の選手がウォーミングアップのためにピッチに現われると、歓声と罵声が交錯する。北京工人体育場。日本は開催国との決戦に残る全ての力を注ぎ込む。
 
 試合は、周囲の騒然とした雰囲気とは対照的に、実に静かなスタートを切る。とくにホームの中国は慎重だった。バックラインは高めだが、相手の出方をうかがうようにボールを回し、ゆっくり前へ進出する。
 
 日本にとって、これは願ってもない状況である。オマーン、バーレーンなどの中東勢はスピードを武器に、かさにかかって攻めてきた。それに比べれば、中国の遅攻は対応が容易だ。選手たちはただ、落ち着いて自分たちのサッカーを貫けばよかった。
 
 21分、日本にチャンスが訪れる。左サイドで中村がファウルを受け、FKを獲得した。今大会、何度も決定機を作ってきた彼の左足がまたもや、日本に歓喜をもたらす。
「今大会は狙ったとこに蹴れることが多かった」(中村)
 鮮やかな放物線を描いたボールをファーサイドの鈴木が頭で折り返し、中央の福西がヘディングシュート。ボールはゴールに吸い込まれ、日本は先制に成功する。
 
 中国も反撃に転じる。スローではあるものの、ポゼッションを高めて日本陣内に侵入していく。丹念なボールキープが結実したのは31分。左サイドからドリブルを開始したイェン・ソンが中央へパスし、それをリー・ミンがダイレクトでシュート。ボールは日本ゴール右隅に突き刺さった。
 
 同点劇にスタジアムが沸き返る。勢いに乗った中国は36分にシャオ・ジアイがミドル、45分にはジャオ・ジュンジャがゴール右の至近距離からシュートを放ち、攻勢を仕掛ける。だが、いずれも川口の好セーブで、追加点はならなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月26日号
    12月12日発売
    15年ぶりのJ1制覇!
    横浜F・マリノス「優勝記念号」
    BEST PLAYER&年間査定に
    2020欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ