対戦した長谷部誠も驚嘆! ブンデス首位のボルシアMGの快進撃は、マルコ・ローゼが持ち込んだ“レッドブル・スタイル”に有り!【現地発】

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2019年11月10日

長谷部誠も「すごくやりづらい」

ドイツ代表のギンターもチームの出来に手応えを得ている。 (C) Getty Images

画像を見る

 ドイツ代表DFマティアス・ギンターは「(ローゼがもたらした)レッドブル・スタイルは僕らにとって大きな変化だった。今僕らはこれまで以上にゴールに向かってストレートに攻めようとしている」と口にしている。

 前節でボルシアMGに1-4で敗れたフランクフルトの長谷部誠は「かなり前からプレッシャーをかけてきて、パスの出しところもなかなかなく、セカンドボールも拾われ、どんどん裏に走られた。(押された展開の)前半に関してはすごくやりづらいという感じはあった」とそのシステムを認めていた。
 
 とはいえ、現時点で優勝を考えている選手はまだいない。

 ギンターは「シーズンはまだまだ長いよ。今の段階で優勝のことを思い描いている選手はさすがにいないと思う。春先になってまだこの順位にいることができていたら、そんな話もできるかもね」と答えた。バイエルンもドルトムントも、本調子を取り戻したら強大な力を持っていることは誰もが理解している。

 果たして、ボルシアMGは本気の強豪と渡り合うだけのチームになるのか。

 元ドイツ代表監督でボルシアMGのレジェンドであるベルティ・フォクツは「今のボルシアは観戦するのが本当に楽しいよ。ローゼはみんながみんなのために走る本物のチームを作り上げている。今季のパフォーマンスを見ているとチャンピオンズ・リーグ出場権獲得できるだけのレベルがある」と称賛し、クラブの立ち位置について評価したうえで、こう付け加えた。

「だが、このレベルを長い間保ち続けることができれば、リーグのタイトルを獲得できるチャンスは大きくなるはずだ」

 ボルシアMGが最後に優勝皿を掲げた76-77シーズンから長い時間が過ぎ、ファンはクラブの現状を正しく把握している。だからといって、夢をあきらめたりはしていない。

 名前ばかりの「名門」なんてまっぴらだ。いつか、また。近年まれにみる混戦模様の今季、ひょっとしたらその「いつか」が訪れるなんてこともあるかもしれない。そんな可能性を秘めたチームが今のボルシアMGである。
 
筆者プロフィール/中野吉之伴(なかのきちのすけ)

ドイツサッカー協会公認A級ライセンスを保持する現役育成指導者。執筆では現場での経験を生かした論理的分析が得意で、特に育成・グラスルーツサッカーのスペシャリスト。著書に「サッカー年代別トレーニングの教科書」「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」。WEBマガジン「中野吉之伴 子どもと育つ」(https://www.targma.jp/kichi-maga/)を運営中。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ