J最多8人に上る外国籍選手の去就が気になる神戸。来季の補強ポイントはどこに?

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2019年11月03日

攻撃陣の枚数は足りているが、イニエスタのバックアップ選手が必要か

常時複数の助っ人がスタメンに名を連ねる神戸だが、イニエスタの不在時にタクトを振るう存在は?写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 攻撃陣の焦点は誰がチームに残るかだろう。MFはアンドレス・イニエスタ、山口蛍、セルジ・サンペールを軸に、インサイドハーフ要員として古橋亨梧や小川慶治朗、ポドルスキ、田中順也などのFW陣がいるため、枚数的には足りている。

 強いて補強ポイントを挙げるなら、イニエスタのバックアップ選手か。安井拓也や郷家友太ら若手はいるが、プレースタイルの違いもあり、代役となると少し意味合いが変わってくる。元神戸の森岡亮太(ベルギー/シャルルロワ)のような日本人の司令塔タイプがいるといいのかもしれない。


 FWは現状で十分。30節を終えた時点で、ビジャが12得点、古橋9得点、藤本憲明8得点(全て大分時代)、仙台戦2ゴールの小川と役者は揃っている。ウェリントン以外にハイタワーが必要なら、バンコク・ユナイテッド(タイ)に期限付き移籍中のハーフナー・マイクを呼び戻せばいい。アタッカー陣に関しては、ポドルスキや海外からオファーの噂がある古橋を含めて、補強よりも残留に注目が集まりそうだ。

 天皇杯優勝でACL出場権を獲得すればなおさらだが、来季はバックアップ選手の底上げがテーマになりそうだ。

取材・文●白井邦彦(フリーライター)
【関連記事】
「日本行きは正しかった」「中国からも誘いがあった」イニエスタが母国紙でJリーグ参戦の理由を告白!
「もうね、次元が違う」小野伸二が語るイニエスタとJリーグの助っ人事情
「競争レベルに驚いた」「たとえ0-3で負けていても…」イニエスタが語る日本サッカーの魅力とは?
「日本は引退しに来るところではない」「大変な要求をされる」イニエスタが海外メディアにJリーグを語る!
「かっこよすぎる」「街のおしゃれ度がアップ!」ダビド・ビジャ親子の街中ジャージ2ショットに反響!バルサの後輩FWも反応し…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ