【セルジオ越後】大迫、冨安が不在でも何事もなく2連勝。2次予選はやはり主力を固定するよりも…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月16日

気になったのは中島と堂安のパフォーマンス。両翼にキレがなければ攻撃に迫力は生まれず

1アシストを決めた中島だが、越後氏はシュートの数が少なかったと注文をつける。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 タジキスタン戦でちょっと気になったのが中盤の両サイドのふたり。中島と堂安だ。それぞれ日本の攻撃にアクセントを加えているテクニシャンだけど、どこか自分の特徴を出し切れていないように感じた。

 中島は自分で積極的に仕掛けてフィニッシュまで持っていくプレーが得意だけど、ドリブルは引っ掛かるし、シュートも少なかった。相手の研究も進んでいく中で、常にベストパフォーマンスを発揮するのは難しい。ただ、前半の日本に勢いがなかったのは、中島にいつものキレがなかったことも要因のひとつじゃないかな。

 また堂安も、周囲との連動を考えすぎて大胆なプレーが少なかったように思うよ。もちろん、堂安がアクションを起こさなければサイドバックの酒井がどんどん上がっていけばいいと思うけど、前述したとおりタジキスタン戦ではサイドバックもあまり攻撃参加に積極的ではなかったからね。両翼に元気がなかったぶん、日本の攻撃にも迫力が生まれなかったのは確かだよ。

 森保監督は後半、中島に代えて左サイドMFに浅野を投入して、これが奏功した。終盤に浅野が3点目を挙げて試合を決めた。浅野とすれば、見事にチャンスを活かして結果を出した形だけど、これは森保監督にも良いヒントになったんじゃないかな。不動のメンバーでチームの完成度を高めるのも良いけど、いまの時期、チームの層を厚くするにはもっと多くの選手にチャンスを与えてもいいんだ。

 今回は大迫が欠場したり、冨安がモンゴル戦で負傷離脱したりしたけど、結局何事もなく2連勝を飾っている。2次予選は、主力を使い続けてマンネリ化させるより、新戦力を発掘したり、新しい組み合わせを探ってチームのポテンシャルをもっと大きくするのに有効活用したほうがいいと思うよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ