金田喜稔がタジキスタン戦を斬る!「嫌な流れを変えたのは18番。ヒデみたいで面白いね。森保監督のなかで久保の序列は…」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月16日

久保の出場時間は短かすぎる

途中出場でダメ押しの3点目を奪った浅野。金田氏はサイドより中央のほうが特長を活かせると指摘した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 守備では、柴崎と橋本のダブルボランチに負担がかかり過ぎていたと思う。セカンドボールを拾われて、しっかり繋がれ、2人が遅れ気味にボールを取りに行って、ファウルをするシーンが少なくなかった。間延びしていた時間帯があったのは気になったね。

 とくに右サイドが前半から結構やられていた。ファーストディフェンダーの堂安と右ボランチの橋本の守備のところは課題が残ったと思う。鎌田は、このチームでまだ慣れていないということもあって、大迫や永井に比べると、前線からの守備が効いていなかった。中島と堂安にしても、頑張るけどディフェンスが得意とは言えないので、タジキスタンぐらい繋げるチームだと、ボランチにかかる負担が大きくなる。まずは攻撃というコンセプトのメンバーだから仕方ないけど、最終予選ではそこを狙われるかもしれないね。

 交代選手では、まず浅野を中島に代えて左サイドで起用したけど、南野のポジションとか中央のほうが特長を活かせるんじゃないかな。真ん中にいてプルアウェーの動きをして、敵の最終ラインの裏を突くのが一番の持ち味だと思う。クラブではサイドをやっているみたいだけど、ライン際でのウイング的なプレーが得意な選手ではない。点を取ったのはよかったけどね。
 
 久保は出場時間が短かすぎたね。みんなもっと見たかったと思う。でも、中島に代えて浅野を入れた時点では、出場する予定ではなかったのかもしれない。堂安に代えるなら伊東を出すべきだし、2-0の段階で好調の南野は外しにくかったからね。

 だけど、浅野の3点目で余裕ができたから、ファンサービス的な意味もあって3人目に久保を選んだのかもしれない。現時点では、森保監督の中でそれほど序列は高くないということ。個人的にはもっと見たいけどね。

 ただ、久保自身もそういった立ち位置をよく理解していると思うし、マジョルカで結果を出していくしかないと考えているだろう。若いからパフォーマンスは上がっていく一方だし、1戦1戦が血となり骨となる時期だから、スペインで逞しくなって、代表でレギュラーを獲るぐらいの気持ちでやってほしいね。

 
【関連記事】
【タジキスタン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本3-0タジキスタン|採点&寸評】殊勲はW杯予選3戦連続弾の頼れる男! 権田も好セーブで貢献
【セルジオ越後】大迫、冨安が不在でも何事もなく2連勝。2次予選はやはり主力を固定するよりも…
「粉砕された」「いくら攻めても、何も起こらなかった」タジキスタン地元メディアは日本との実力差にぼう然
【橋本英郎】驚かされたタジキスタンの闘う姿勢。“緊張感”を欠いたままなら日本の最終予選は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ