【日本3-0タジキスタン|採点&寸評】殊勲はW杯予選3戦連続弾の頼れる男! 権田も好セーブで貢献

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月15日

南野は2ゴールの活躍

23分のピンチをビッグセーブで切り抜けた権田。その後も冷静な対応が光った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

MF
7 柴崎 岳 6
チームのバランスを取りながら右サイドを攻め上がり、タジキスタン守備陣の攻略を狙う。ラストパスが味方に上手く合わなかったのは残念だったが、2ゴールの起点になった。
 
9 南野拓実 7(83分OUT)MAN OF THE MATCH
重心の低いドリブルで敵の守備網の穴を探り、周囲との連係も良好だった。44分に中島のクロスからフリーで放ったヘッドをモノにできなかったのは痛恨も、53分には値千金の先制点! 55分には2点目を奪い、これでワールドカップ予選開幕から3試合連続弾、国際Aマッチ4試合連続弾と、三浦知良の記録に並んだ。
 
10 中島翔哉 6(63分OUT)
J・エルガシェフのマンマークを受けながら華麗なテクニックでボールを持ち運び、44分には南野へ決定的なクロスを送った。パスを引っ掛け、相手にカウンターを許したのは課題も、53分には南野のゴールをアシストした。
 
13 橋本拳人 5.5
序盤は人工芝に足を取られたのか、反応が遅れるシーンがあった。徐々に適応し、セカンドボールを拾って味方へつなぐも、バタつくシーンも見られた。
 
21 堂安 律 5.5
モンゴル戦では出番のなかった男は、その鬱憤を晴らしたいところだったが、なかなか持ち味を活かせず。51分の好機もネットを揺らせなかった。
 
FW
18 鎌田大地 5.5(80分OUT)
CFの先発に抜擢される。序盤はキープ力を活かして起点になったが、23分には自陣でのボールロストから相手にチャンスをプレゼント。その後は必死に相手ゴールを目指したが……。


 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ