松木安太郎がモンゴル戦のスタメンをセレクト!「変化なくして前進なし!CF南野拓実、トップ下に久保建英で新たな風を吹かせたい」

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2019年10月09日

健全な競争を促し、風通しの良いチームにしたい

 何か変化をもたらしてくれることを期待するなら、南野を最前線に入れるのも面白いね。今の南野は乗っている。チャンピオンズ・リーグのリバプール戦で1ゴール・1アシストと結果を残して自信も付けているはずだ。
 
 そして、トップ下には久保建英を置く。中島とどんなコンビネーションを見せるか楽しみだよね。ふたりとも個人で局面を打開できる選手。久保はもちろん、中島もここ最近は周囲の味方を上手く生かせるようになっている。堂安やサイドバックを絡めた攻撃で相手を混乱させてくれるだろう。また、久保はそろそろ代表チームに馴染んできたと思うから、我を出してもいい時期なんじゃないかな。久保がチームの起爆剤になる可能性は大いにあるよね。
 
 ボランチは橋本が入りそうだけど、競争を促す意味でも遠藤航を使いたい。年初のアジアカップでは柴崎と良いコンビネーションを見せていたから、あのイメージでプレーしてくれればいいと思う。とりわけ、注目したいのは、相手のカウンターにどう対応するのか。今後の最終予選でも、基本的に対戦相手は引いて守ってカウンターを狙ってくる。その対応がしっかりできれば、遠藤の評価は上がるよ。
 
 いずれにせよ、この2試合で最も大事なのは、何点取れるかだ。1試合目のモンゴル戦で思うように得点が取れなかったら、2試合目のタジキスタン戦では思い切ってメンバーを変えてもいいだろう。
 
 森保監督は来年の東京五輪も見据えて若手を呼んでいる節もあるけど、実際に試合に出してみないと力は図れない。積極的に若い選手を使って健全な競争を促し、風通しの良いチームにしたいね。
 
 アジア予選はアウェーの洗礼がつきものだけど、どんな環境でも今の日本は勝って当たり前。2次予選を戦いながら、「やっぱり日本は強い」という印象も与えていきたいところだ。
 
 日本は9月のミャンマー戦で2点しか取れなかったから、今回対戦するモンゴルやタジキスタンは「日本相手でも何とかなるんじゃないか」と思っているかもしれない。その心を叩き折って、「日本強し」を印象付ける2連戦にしたいね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ