【昇格プレーオフドキュメント】津田知宏「真のエースになった日」――回想2013年

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年12月07日

虎視眈々と“その時”を狙い続け――。

スタンドからの声援に応える津田。昇格の懸かる大一番で大役を果たした。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「肝心な1ゴールを取る」と、強い想いで臨んだ今季は、ハイパフォーマンスを続けた。特に「前線の選手の特長を活かすため」(小林監督)との理由で、3-4-2-1から4-4-2へ布陣を変更した5月以降は、躍動感が増す。持ち味の裏への飛び出しでチャンスを演出しながら得点を重ね、22節・札幌戦から12戦連続無敗を記録したチームを牽引した。
 
 しかし、「本当に欲しい時の1点がなかなか取れない」という不安は現実のものとなる。上位対決となった34節・神戸戦で不発に終わると、それまで重ねていたゴールがピタリと止まってしまう。後半戦で一気に巻き返し昇格圏内まで浮上していたチームは、エースの不振とともに37節・横浜FC戦から3連敗。一時は3位まで上げた順位も、気づけばプレーオフ進出圏内ぎりぎりの6位にまで下降していた。
 
 本人の脳裏に、2年前の嫌な記憶がよぎっていてもおかしくはなかった。
 
 リーグ戦4位でプレーオフ進出を果たし、迎えた準決勝の千葉戦。負ければ敗退が決まる重要な試合で、津田が復活を予感させる働きを見せる。37分、ディフェンスラインの背後へ抜け出すと、エリア内で倒されPKを獲得したのだ。
 
「不調が続いていたのは分かっていた。でも、津田らしい飛び出しが戻ってきたなと感じた」(小林監督)
 指揮官がそう評す動きで貴重な先制点を導き、チームは千葉を下して決勝へ駒を進めた。
 
 そして、運命の昇格決定戦。勝たなければ昇格を果たせない一戦で、前線でタメを作りながら虎視眈々と“その時”を狙い続け、本人が望んでいた決定的なゴールを奪った。反撃を目論む京都に十分なダメージを与えた一撃は、真のエースへと脱皮できた証でもあった。
 
取材・文:橋本 啓(週刊サッカーダイジェスト)
 
【SD写真館】J1昇格プレーオフ――激闘の記憶

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ