【J1昇格プレーオフ】磐田 1-2 山形|GK山岸が決めた“奇跡の”決勝ゴール!

カテゴリ:Jリーグ

頼野亜唯子

2014年11月30日

「ボールに触ることだけを考えていた」

殊勲の決勝ゴールを決めた山岸をチームメイトが祝福。攻守両面で守護神が大活躍を見せた。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「もう一度やってみろと言われても、できない」
 
 山形をプレーオフ決勝に導く、奇跡のようなゴールを決めた男は、試合後のミックスゾーンで笑顔を見せた。90分間、最後尾から仲間を鼓舞し続け、磐田のシュートを何度もはじき返した。引き分けならリーグ戦上位チームの勝利。プレーオフに延長、PK戦はない。通常なら守護神に用意されているはずの見せ場はレギュレーションにより奪われていたが、山岸にとっての見せ場は、後半アディショナルタイムに待っていた。
 
 1対1のまま試合を終わらせようとポゼッションする磐田からもぎとった右CK。石川がボールをセットし、山岸が磐田ゴール前に上がっていく。
 
 この時間帯のCKで、GKが上がって攻撃に参加するのはよく見られる光景だ。上背のあるキーパーはそれだけでディフェンスを1人分引き付けられる。だがこの時、磐田の山岸へのマークは甘かった。石川が蹴った瞬間、山岸はニアサイドで待ち構えていた前田の前に回り込み、無骨なジャンプでボールを頭に当てた。
 
「ゴールを狙っていたわけではなく、触ることだけ考えていた」というボールは、ゴール前に密集する磐田の選手たちの頭上を緩やかに越え、ファーサイドのゴールネットを揺らした。美しい軌道を描いて――。
 
 プロ生活14年。浦和で、日本代表で、数々の経験を重ねてきた山岸の、プロ入り初ゴールだった。チームメートが駆け寄り、倒れ込んだ山岸の上に次々と折り重なって、大きな身体は見えなくなった
 
 あまりにもドラマチックなゴールシーンに忘れてしまいそうになるが、守護神・山岸の活躍はこの日も素晴らしかった。開始10分、山崎のシュートを指先で弾いたセーブから始まり、磐田からしてみれば憎らしいほどのしつこさでボールに食らいつく。
 
 先制したものの前半終了間際に追いつかれた山形が、磐田ペースで進んだ後半にもギリギリで追加点を許さず踏みとどまれたのは、この男の高いセービング技術とキャプテンシーに負うところが大きいだろう。
 
 GKが目立つ試合は良くない、と言われる。しかしこの試合だけは、スポットライトを浴びるにふさわしい男はただひとり、山岸範宏しかいない。
 
取材・文:頼野亜唯子

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ