【セルジオ越後】格下ミャンマー相手に2点だけ…日本のシュートってなんで入らないの?

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月11日

日本のトップ選手がゴールを奪うのにこれだけ苦労しているのは?

伊東は持ち前の俊足を生かして絶好機を創り出したが、シュートは相手GKの好守に阻まれた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 それにしても、日本代表はパラグアイ戦とミャンマー戦の2試合を通して、本当にシュートが入らなかった。相手の4倍も5倍もシュートを放っているのに入らない。今に始まったことではないけど、ちょっとこの決定力不足はこの先の最終予選を考えたら危険だよ。

 もちろん、チャンスはたくさん作ったし、クロスバーやポストに嫌われたりした場面も一度や二度じゃなかった。あと一歩……。何が足りのないのか。

 ひとつ言いたいのは、サイドからだけじゃなく、中央突破や真ん中から打っていく姿勢をもっと見せてほしいということ。日本の攻撃はスピードダウンすると、外へ外へと逃げるような感じになってしまう。これでは相手の脅威にはなりにくい。ミャンマー戦の2点目は、堂安がゴール前で大迫との連係からシュートに持ち込んだプレーが突破口になって、最終的に南野が決めた。やはりゴール前の危険なエリアにボールを送り込んでこそ、相手の脅威になるし、こうした中央からの攻撃もあるなかで外も活きてくるんだ。

 ただ一方で、日本の選手のシュートはしっかりコースに置きにいっていないようにも見える。2試合続けて数多くのシュートを放ちながら、枠を捉え切れていないのは、何よりの証拠。もう少しきっちりコースを狙って打たないと。
 
 結局、日本のトップレベルの選手でさえもゴールを奪うのにこれだけ苦労しているのは、育成年代からの環境が大きく影響していると思うよ。例えばブラジルでは勝ち負けにすごくこだわるから、遊びでも得点を決めたかどうかという結果は大きな問題。でも、日本はミニゲームをやってもパス回しがメインだし、シュート練習といったら一列に並んで順番を待っては、強いボールを蹴って狙うのが一般的だ。ボール扱いが上手くなったり、強いボールは蹴れても、点を取るのは上手くならないよ。

 そこで参考になるのはフットサルの選手。フットサルはゴール前の攻防がすごく多いし、枠も小さいから、局面ごとにいろんなシュートを使い分けたり、フェイントを入れたりしてゴールを狙う。だから日本のフットサル選手のフィニッシュの技術もかなり高いよ。育成年代の選手たちもぜひ見習ってほしいし、ミニゲームの時はGKを置いて、よりシュートの意識を高めて、アイデアを引き出してほしいね。

 ワールドカップ予選から話が逸れてしまったけど、2次予選ではそこまで問題にならなくても、最終予選ではどこもゴール前は簡単にはやらせてくれない。“決定力”に泣かされないためにも、まず選手たちはとにかく試合に出て、目に見える結果を出すことで得点感覚を高めていってほしいね。

取材・構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】日本2-0ミャンマー|森保ジャパン、W杯アジア2次予選を白星スタート!久保が最年少出場記録を更新!

【中島翔哉 PHOTO】貴重な先制点をマーク!左から切れ込みチャンスを創出!!

【久保建英 PHOTO】18歳98日でのW杯予選出場!風間八宏の持つ19歳67日を39年ぶりに更新!

【橋本拳人 PHOTO】定位置奪取へ躍動!気の利いたポジショニングで勝利に貢献!

【南野拓実 PHOTO】勝利をぐっと引き寄せるヘディング弾!森保ジャパン発足後7ゴール目!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ