J2首位山形に昨季チームアシスト王が復帰。いまだコンディション不良も三鬼海を先発させる木山監督の狙いとは…

カテゴリ:Jリーグ

嶋 守生

2019年07月11日

劣勢にあっても、セットプレーから攻撃にリズムを生み出せるのが山形の強み。

 三鬼が外れてからキッカーを務めていたボランチの中村駿も怪我で離脱し、それ以降はセットプレーからの得点がない状態。試行錯誤しながら色んなキッカーを試しているが、ベストな代役は見つかっていなかった。
 
 前半戦の山形は、堅守をベースに戦いながら、後半に入ってからオープンな展開になる中で点を奪って接戦をものにしてきた。劣勢にあっても、セットプレーから攻撃にリズムを生み出せるのが山形の強みで、そこから終盤の得点につながる場面はこれまで何度もあった。しかし、ここ数試合はその流れを作り出せずにいる。
 
 流れを引き寄せ、勝負どころで1点を取りに行くためのセットプレーが復調すれば、接戦がより増える後半戦も、守備の強みを活かしながら戦っていけるはず。そのためにも、ゴール前ですっと落ちてきて、相手が対応しにくい三鬼のボールが必須なのだ。
 
「本数が少なくてもボールは最高と言われるように。あとは決めるだけと言われるように」まだまだコンディションが上がるという三鬼は、力を込めて話していた。
 
取材・文●嶋 守生(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ