“昨季を超える”を掲げる町田の次なる一手「進化版ワンサイドアタック」の完成度は?

カテゴリ:Jリーグ

郡司 聡

2019年06月29日

対戦相手も町田の攻撃には「圧力、パワー」を感じている

町田を率いる相馬監督。今季の序盤戦は試行錯誤が続く。写真:田中研治

画像を見る

 実際にワンサイドに相手を押し込み、ボールをつなぎながら複数人がボールに関わりコンビネーションを駆使してゴールに迫るシーンは確実に増えているし、ハマった際の威力は重厚感に満ちている。例えば19節の岡山戦の土居柊太による同点ゴールは、その代表例のひとつだろう。右SBの志村謄が仲間隼斗から奪ったボールを、ロメロ・フランクが地上のパスで岡田優希につなぎ、岡田がライン際をドリブルで突進して、グラウンダーのクロスを供給。最後は土居がニアサイドでダイレクトシュートを決めている。
 
「相手の圧力に屈して、耐え切れずに失点をしてしまった」(岡山・濱田)
「ゴール前に人数を掛けてパス&ゴーで動かされた相手の攻撃には、それだけパワーがあった」(長崎・手倉森誠監督)
 
 対戦相手がそう試合後に話していたように、新たなトライが形となったときの“潜在能力”は、十分にあると言っても差し支えない。
 
 確かにリスクを伴うかもしれないが、「普通では掴み取れない」(相馬直樹監督)J1昇格を果たすためにも、チャレンジする価値はある、というものだろう。細かいパスワークや選手間のコンビネーションをベースに構築された“進化版ワンサイドアタック”のクオリティを上げることで不用意な失点を減らし、ゴールを奪う可能性も高めていく。攻守表裏一体型のチームスタイルはいま、別のアプローチを肉付けすることでもう一段、上のレベルにたどり着こうと、トライしている真っ最中だ。
 
 コーチングスタッフも、選手たちも、新たなトライを突き詰めることでJ1への道を切り拓こうと日々努力している。目指す景色にたどり着くために、その道を極める――。彼らは愚直にそれを信じて、これからも、戦い続ける。
 
取材・文●郡司 聡(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ