【セルジオ越後】ウルグアイの猛攻によく耐えた!でも、ドローで悔しくないのか?

カテゴリ:日本代表

連載・コラム

2019年06月21日

「強豪に引き分けて良かった」という表情に感じた。

ウルグアイに引き分けて、日本の選手たちは「良かった」ような表情をしているように感じた。(C)Getty Images

画像を見る

 そもそもだけど、ウルグアイに2度もリードして勝ち切れなかったことを悔やんでいるのは僕だけかな? たしかに、力量差があるなかで試合内容も踏まえれば、よくウルグアイに引き分けたと思う。でも、選手たちも悔しいはずなのに、「引き分けて良かった」みたいな顔をしているように感じたよ。

 ウルグアイのFIFAランキングは6位だから、「善戦した」でいいの? 「強豪を脅かした」立場では、いつまでたっても成長がない。ウルグアイの選手たちはみんな悔しがっていたよ。本物のサッカー先進国は、どんな状況でも引き分けでは満足しないんだ。そこが、ある意味レベルの違いでもある。
 
 シュート数で圧倒的に下回ったなか、結果的には少ないチャンスをモノにしたし、守備もよく耐えた。だけど、勝点1でも内容的にはコテンパンにやられているよね。先制点の場面では三好と対峙したラクサールが足を痛めたし、運もあったことは忘れてはならない。日本に勝ち切る力はまだないんだ。
 グループステージ突破に望みはつないだけど、勝点1ではまだまだ道のりは険しい。各グループ3位の上位2チームも決勝トーナメントに進出できるとしても、エクアドル戦は勝ちにいきたいところだ。
 
 得失点差「-4」を取り返すためにも、エクアドル戦は守備一辺倒であってはならない。最終ラインを押し上げて前線からプレスをかけるなどして、多少のリスクを抱えることになったとしても積極的な姿勢を示してほしい。そのくらいの気概を見せないと、ゴールは入らないからね。
 
 そのためには選手のコンディションも気になるところ。あれだけウルグアイに攻め込まれれば、消耗は激しいだろうから、ターンオーバーの選択肢もあっていい。決勝トーナメント進出に向けて、森保監督の手腕も問われるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ