【現地発】マドリーはなぜ久保建英を獲得したのか? トップチーム昇格の鍵となるのは…

カテゴリ:海外日本人

セルヒオ・サントス

2019年06月15日

B出身のカルバハル、L・バスケス、カゼミーロの共通点

このカルバハルはマドリーBからレバークーゼンへ移籍。買戻しオプションで戻ってきた。(C)Getty Images

画像を見る

 日本のファンは、1年目からのトップチームでの活躍を期待するだろうが、それは余りにも時期尚早というものだ。昨シーズン、ヴィニシウスがトップチームであれほどの出場機会を得たのは、カスティージャで毎試合のようにゴール(5試合で4得点)を挙げて猛アピールを見せたことと、その彼を指導していたサンティアゴ・ソラーリがトップチームの監督に昇格するという巡り合わせと、その後の大活躍が重なったからだ。

 しかも冒頭で述べたように昨シーズンの低迷を受けてマドリーは近年ではもっとも積極的な補強を展開している。競争相手にはエデン・アザール、マルコ・アセンシオ、イスコ、ヴィニシウスと一線級の名前がずらりと並び、まずは地に足を着けてカスティージャで結果を残すことから始めるべきだろう。
 
 Bチームと言ってもレベルは高い。さらに新監督にレジェンドのラウール・ゴンサレスを迎える来シーズンは例年にも増して競争力の高いチームが結成されそうだ。久保はまだ18歳。Bチームでしっかりアピールすれば、マドリーのカンテラーノのプレーにはそれこそ欧州中のクラブが注目しており、トップチームだけでなく、他のチームへの移籍、レンタルの門戸は広がるだろう。

 マドリーのクラブ方針として若手のそうしたレンタルを近年積極的に奨励しており、そこで活躍を見せ、一回り大きく成長した姿で復帰を果たせばいいのだ。ダニエル・カルバハル、ルーカス・バスケス、カゼミーロといった選手もまさに同じ道を辿って、前人未到のチャンピオンズ・リーグ3連覇にも貢献を見せた。

 あるいは新しい環境を得て、ラウールの指導を受けた久保が我々の想像をも上回る加速度的な成長を見せるかもしれない。いずれにせよ、ラウールと久保というふたりの目玉を得た来シーズンのカスティージャの戦いには要注目だ。

文●セルヒオ・サントス(『Diario AS』紙マドリー番)
翻訳●下村正幸
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ