【6月シリーズ総括】最大の収穫は? 価値が高かった永井の活躍と久保の台頭

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年06月10日

中島、南野、堂安の関係性は共存から競争へ

チームの競争を煽る意味で久保の活躍は見逃せなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 怪我を理由に代表招集を辞退した鈴木武蔵、その代役として追加招集された永井の特長のひとつはいずれもスピード。そこから推察できるのは、森保一監督はワールドカップのアジア予選を戦い抜くうえで彼らのような“スピードスター”も必要だと考えているのではないかということだ。
 
 その意味で、永井という選択肢がはっきりと加わったのは“大迫依存症”を解消するためにもポジティブな材料だ。強くて上手い大迫は森保ジャパンにとって唯一無二の1トップ。彼ほど最前線でボールを収められる日本人選手は現時点で見当たらないし、そんな大迫と同じようなプレーを別のCFに求めるのは酷だ。ならば大迫が不在時は攻撃そのものの手段を変えなければならないわけで、そのひとつとして永井のスピードに頼ったアタックは大きなオプションになり得る。
 
 永井の特長は分かりやすい。ひと言で言えば、とても速いのだ。活動期間が限られていて連係を築くのに苦労する代表チームにとって、この“分かりやすさ”は重要なファクターだ。永井のスピードを生かそう、ならば裏のスペースに蹴ってみるか、そういう選択肢がパッと思い浮かべられるだけで、やっている選手たちはだいぶ違うのではないか。
 
 実際、永井の1点目も、ひとつの決め手となったのは冨安健洋のスルーパス。「スピード自慢の永井なら届くだろう」というようなパスで、CFが大迫だったらあそこであのスルーパスは出なかったもしれない。
 
 久保の活躍もひとつのトピックだろう。FC東京の試合を見慣れている方は「あれぐらいは当然」と思うかもしれないが、A代表デビュー戦でいきなりふたり抜きを披露するなど独特の雰囲気の中、「短い時間でしたが、自分がやれることは示せた」のは良かった。
 
 森保体制下で主力級と思われていた中島翔哉、堂安、南野に割って入る形で久保が台頭してきたことは、チーム内の競争意識を高める意味で有意義。競ってこそチーム力が高まる日本代表にとって久保は、良い刺激になっているはずだ。いずれにしても、これまで共存が強調されていた感のある中島、堂安、南野の関係性が競争に変化しつつあるのは良くも悪くも見逃せない事象だろう。
 
 守備陣に目を向けても、冨安健洋らの奮闘によりCBの争いが激しくなりそうな印象。冨安に加え、昌子源の成長によっては、吉田麻也も不動とは言い切れなくなりそうだ。
 
 6月の2試合を経て感じたのは、組織力が高まったというより、今後使えそうな駒が増えたかもしれないということだ。若手主体で臨むコパ・アメリカで久保のようなヤングプレーヤーが躍動すれば、チーム内にさらなる刺激を生むはずである。
 
いずれにしても、レギュラーがほぼ固定されていた1月のアジアカップに比べれば、選手の選択肢は増えた感がある。そう考えれば、6月のテストは有意義だったという結論に行き着く。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ