【セルジオ越後】マスコミは久保建英を持ち上げ過ぎ。サッカー強豪国なら新聞の見出しは「永井2ゴール」だよ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月10日

南野や堂安は「久保フィーバー」を歯がゆく感じなくてはいけない

南野(9番)や堂安が結果を出していれば、これだけの「久保フィーバー」は起きていなかったかもしれない。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ただ、終盤のFKは蹴ってほしかったな。あの場面は、ベンチが演出してもよかった。まあ、これは文化の違いかもしれないね。ブラジルだったらあの場面でサポーターが「久保コール」を始めるよ。
 
 久保の「A代表デビュー」はもう終わったから、これからは他の選手と同じ基準で評論されることになる。明日の新聞は「久保デビュー」が紙面を飾るだろうけど、次は「デビュー」は使えないからね。
 
 久保のパフォーマンスは普通だったよ。出場後にシュートを打ったけど、同じようなシュートは南野も打っていたからね。映像を振り返れば分かるけど、惜しいシュートを打ったのは久保だけじゃないんだ。それに、スルーパスやドリブルのスキルは見せたけど、肝心なのはそれが結果に結びつくかどうか。一人かわすとスタンドが沸いたけど、その後のプレーはどうだった?ゴールに結びつくような場面は?終盤に出てきたんだから、相手より動きがいいのは当然。ひとり抜いたくらいで騒ぐべきじゃないんだ。代表の水に馴染んだのはプラス材料だけど、彼の勝負はこれからだよ。
 

 それにしても、マスコミの取り上げ方はちょっと普通じゃないね。トリニダード・トバゴ戦はスタンドの久保を映していたし、エルサルバドル戦でもベンチに座っている姿を何度も抜いていた。日本のマスコミはアイドルが欲しくて仕方ないんだろう。でも、実力がなかったら、いくらメディアが作ろうとしても長持ちしないよ。もっとちゃんと結果を出してから取り上げるべき。サッカーどころの国だったら、明日の新聞のヘッドラインは「永井2ゴール」だ。彼のゴールで勝ったんだからね。
 
 森保ジャパンの立ち上げの頃は、南野や堂安が「新三銃士」だなんて騒がれていたよね。それが今度は久保を持ち上げている。南野や堂安が結果を出し続けられなかったから、メディアが「久保フィーバー」にシフトしたんだろう。そのあたりは、南野や堂安が歯がゆく感じなくてはいけないね。
 
 今回の2連戦で出場しなかったメンバーもいたよね。川島や岡崎はベンチ入りもしてない。なんで呼んだの?それにコパ・アメリカを見据えたら、エルサルバドル戦のGKは大迫で良かったんじゃないかな。久保は大事にデビューさせたのに、大迫はコパ・アメリカでぶっつけ本番。プレッシャーは相当なものだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ