【トリニダード・トバゴ戦の予想スタメン】令和初戦は"鉄板"のアジア杯メンバーがベース。香川、久保はベンチスタートか

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月05日

中島、南野、堂安のユニットが機能しなければ…

中島が攻撃の中心を担うのは間違いないが、周囲との連係にはさらなる向上が必要だ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ただ中島は3月のボリビア戦で結果を残したが、南野はアジアカップでも決勝カタール戦の1試合しか得点を挙げておらず、他国に研究されてきた堂安もアジアカップ、コロンビア戦で輝きを放てず。南野の後ろには背番号10を背負う香川真司(ベシクタシュ)、堂安には伊東と久保というライバルが控えている。森保監督は連係強化という側面も踏まえて、この3人を常に組ませてきたのだろうが、ここで躍動したコンビネーションを発揮できなければ、ユニット解体も視野に入れるべきだ。
 
 判断に悩むのがダブルボランチ。アジアカップをベースにするならば、柴崎岳(ヘタフェ)と遠藤航(シント=トロイデン)で問題がなかっただろう。だが遠藤は負傷のため今回の招集されていない。3月の代表戦で結果を残した橋本拳人(FC東京)が1番手に浮上するが、柴崎も招集されているコパ・アメリカまでを視野に入れた場合、相棒には中山雄太(ズヴォーレ)の名前があっても不思議ではない。
 そして最後はCF。これは大迫勇也(ブレーメン)で不動だ。ロシア・ワールドカップ以来の選出となった岡崎慎司(レスター)は得点を取りにいく際の”ジョーカー”起用か。森保ジャパンは大迫依存症が顕著で、また得点を奪いにいく時にピッチに送り出せる点取り屋がいない。歴代3位の国際Aマッチ通算50得点を挙げているベテランは日本代表生き残りを賭けて、わずかな時間でも結果を残すことが求められる。
 
 周囲は“久保フィーバー”に沸くが、指揮官の頭のなかではチームをより強固に、より連係を高めていくプランが描かれているのだろう。となれば、トリニダード・トバゴ戦は結果だけではなく、内容にも厳しく目を向けなければならない。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ