U-20W杯、日本は韓国に敗れ8強入りを逃す! VARで郷家弾を取り消される不運も…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月05日

白熱の攻防は終盤に自陣でのミスから…

日本は西川(写真)や宮代らが積極的にゴールを狙ったが……。(C) Getty Images

画像を見る

 U-20ワールドカップの日本代表対韓国代表は6月4日、ルブリンスタジアムで行なわれ、日本は0対1で敗れて16強で大会から姿を消した。

 宿敵との大一番に臨んだ日本は、GKに若原智哉(京都)、DFには右から菅原由勢(名古屋)、瀬古歩夢(C大阪)、小林友希(神戸)、鈴木冬一(湘南)を起用。中盤はボランチに齊藤未月(湘南)と藤本寛也(東京V)、左サイドに山田康太(横浜)、右サイドに郷家友太(神戸)が入り、前線は西川潤(桐光学園高)と宮代大聖(川崎)の2トップという組み合わせとなった。

 前半、日本は圧倒的にボールを支配。終始70パーセント近くのポゼッション率を誇り、韓国を自陣に釘付けにして、試合を運ぶ。しかし、枠内シュートはなく、韓国に脅威を与えることができない。前半はスコアレスで折り返した。

 0対0で迎えた後半の立ち上がり、日本はビッグチャンスを迎える。50分、左サイドからのフィードを宮代がボレーシュート。これは相手DFのブロックに遭うが、こぼれ球を郷家が左足で豪快に叩き込み、ネットを揺らした。しかし、いったんは日本の得点と判定されたものの、ほどなくしてVARのジャッジが……。結果的に宮代のボレーシュートの際に、オフサイドがあったとしてノーゴールとジャッジされてしまう。

 すると、徐々に韓国も息を吹き返し、67分には右サイドからのクロスに際どいヘディングシュートを打ち込まれるが、GK若原がファインセーブで凌ぐ。逆に日本は71分、CKからの折り返しのクロスに途中出場の中村敬斗が決定的なヘディングシュートを放つが、ここは韓国GKイ・ガンヨンの好守に阻まれてしまう。

 さらに日本は78分にも中村、宮代が連続して決定的なシュートを放つも、相手守備陣の身体を張った守備とポストに阻まれてゴールを奪えない。すると84分、日本は自陣でのパスをカットされ、そのままクロスを供給されると、オ・セフンにヘディングシュートを流し込まれ、ゴールを許してしまう。韓国が先制する。

 その後、日本は必死の反撃を試みるも及ばず。0対1でタイムアップ。日韓戦は韓国に軍配が上がる結果となった。日本は8大会ぶりの8強入りを逃した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ