選手からは「同じサッカーなのに去年とまるで違う」の声も! 新生サンガに今いかなる変化が起きているのか?

カテゴリ:Jリーグ

雨堤俊祐

2019年03月29日

戦術の変化が与える刺激と成長

今季から指揮を執る中田一三監督。ポゼッションスタイルを志向するが、選手からは好評のようだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 こうした変化は選手に何をもたらしているのか。5節・千葉戦で今季初ゴールを挙げた小屋松知哉は「去年はやることが簡単というか、はっきりしていた。今はコンビネーションのなかで点を取る。チームとして全体を合わせるなかで、個人の判断が大事になる」と違いを説明した上で「少しずつやれている、個人的にも成長できている感触がある」と手応えを口にしている。
 
 他にも「運動量も頭も使う。難しいけれど、ポジショニングとか『見ていて面白いサッカー』と思ってもらえるならやりがいがある」(宮城雅史)、「同じサッカーなのに去年と(内容も結果も)まるで違う。不思議なもんやなぁ、と感じています」(重廣卓也)という声が選手から聞こえてくる。パスをつなぐためには足もとの技術はもちろん、敵味方の位置や空いているスペースを察知した上での適切なポジショニング、状況判断が問われる。
 
『ロングボールは駄目で、ポゼッションこそが良い』などと言うつもりはないが、中田一三監督ら今季のコーチングスタッフが掲げるスタイルが、選手に刺激と成長の足掛かりを与えているのは間違いない。
 
 とはいえ、まだ始まったばかりだ。ボールを保持する中で決定機の質と数をいかに増やしていくかという課題も見えてきたし、今後は対戦相手のサンガ対策も進むだろう。長丁場のリーグ戦を戦っていく中で、組織や選手がどのような変化を見せていくのか。それを観測するに値するチーム作りが、今季の京都では行なわれている。
 
取材・文●雨堤俊祐(フリーライター)

【京都サンガFC PHOTO】ホーム開幕戦を盛り上げた中村静香さんと京都サポーター!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ