クラブW杯は装い新たに24チームで再来年夏に開催へ! 気になるカタールW杯の出場国枠拡大は「9割が支持」も…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月16日

カタールでの出場国拡大を実現するために協議を続行

会長(中央)はカタールでの開催国拡大に自信をみせている。写真はロシア大会時、次回開催国であるカタールとロシアを繋ぐセレモニーでのもの。 (C)Getty Images

画像を見る


 出場国枠が増えれば、開催国カタールだけではなく、周辺の数か国でも試合を行なう必要が出てくる。だがカタールは現在、周辺諸国(サウジアラビア、UAE、バーレーンなど)と国交を断絶しており、共催は難しいとの見方が強い。

 「実現可能かも検証する。だが、我々にとってのメリットは、フットボールという共通言語があるということだ。もし実現すれば偉大なことだし、お互いに尊敬し合い、地域の垣根を超えて協力し合える。地域に捉われず、フットボールと己について考えるべきだと思う。

 参加国の増加によって大会のクオリティーは低下しない、ということはすでに研究報告した通り。フットボールという共通言語を通して皆がお互いを理解でき、相手とディスカッションし、心を開き合える。世界的なフットボールの進化にも貢献するはずだ」(インファンティーノ会長)

 こうした”難関”を「クリアする算段がついているのか?」と記者から質問が飛ぶと、会長は「主催側ときちんと相談する。ポジティブに取り組むことができると思う」とコメント。具体的な対策については明かさなかった。

 今回は決定に至らなかった出場国枠拡大だが、6月に理事会でまとめ、パリで行なわれるFIFA総会で最終決定される見通しだ。

 会見ではほかにも、今年フランスで開催される女子ワールドカップでVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されることや、ペルーでの開催が見送られたU-17ワールドカップがブラジルでの開催になったこと、2020年に開催されるU-17女子ワールドカップの開催地がインドに決定したことなどが発表された。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ