【松木安太郎】悔しいけれど力負け。劣勢を覆すベンチワークが必要だった

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2019年02月02日

新たな引き出しを増やしていかないと、チームは成熟していかない

 日本は試合を通じて劣勢を強いられたけど、そういう時は「チームとしてどうするか」という意思統一をハッキリさせる必要があるんだ。例えば、攻撃の時に必ずサイドの選手が追い越すとか、守備をマンツーマンにして徹底的に人を抑えるとか、ある程度の決まりごとがあるとチームにはひとつの方向性ができる。日本には、そういう部分が欠けていたように思う。
 
 もちろん、選手自身がピッチ内で解決できればいいけど、外から見ているベンチの指示もほしかった。一度、大迫がベンチに聞きにきて中盤に厚みを持たせるような形に変わったけど、あれをもっと早い時点でベンチが決断すべきだったんじゃないかな。
 
 特に悔やまれるのが、2失点目のシーンだ。日本の対応の甘さが、端的に現われた場面だよね。中盤の人数は足りているけど、守備がルーズになってミドルシュートを打たれた。誰がマークに付くのかハッキリしていれば、あの失点は避けられたと思う。
 

 一人ひとりの課題というよりも、チームとしての戦い方を明確に打ち出せなかったのが決勝の敗因。引かれた時の攻撃のバリエーションはもちろん、守備のやり方も詰める部分が大いに残されている。試合中のシステム変更も含めて、新たな引き出しを増やしていかないと、チームは成熟していかないだろう。
 
 ポジティブな面を挙げるとすれば、若手がこの大会で成長したことかな。特に冨安はかなり存在感を増したと思う。ボール際の強さもあるし、ハートの強さもある。攻撃に移った時もしっかりパスを出せていた。CBとしてどういうタイミングで攻撃参加すればいいかをわかっていたよね。経験のある吉田とコンビを組んだことで、いろいろと学んで経験値が上がったはずだ。今大会ですごく成長した選手のひとりだろう。
 
 日本代表は6月のコパ・アメリカに参加するけど、所属クラブとの兼ね合いで、今回のようなメンバーは組めないはずだ。おそらく、新しい選手の発掘の場になる。そこで今大会の冨安のような存在が台頭してくると面白い。良い競争をしてチーム力を底上げしてほしいね。

【日本代表PHOTO】日本1-3カタール|南野の今大会初ゴールで反撃の狼煙を上げるも追いつけず。2大会ぶりの優勝を逃す…​​​​​​​

【サポ―ターPHOTO】UAEでは日本が人気!?決勝戦を盛り上げた両サポ―ター特集!
【関連記事】
【カタール戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、松木安太郎、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「なんてバカげたPKだ!」「決勝が壊れた」吉田麻也へのVAR判定に海外ファンから同情&批判の声が|アジア杯
【セルジオ越後】「準優勝」なんて何の慰めにもならない…力不足を痛感したのであれば良い大会だったんじゃないかな
【カタール戦|戦評】欠けていた対応力と柔軟性。ゲームを左右した“魔の27分間”|アジア杯
VARに泣かされた吉田麻也「チームも僕も一瞬の隙を突かれてしまった」と反省の弁

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ