VARに泣かされた吉田麻也「チームも僕も一瞬の隙を突かれてしまった」と反省の弁

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

VARについては言及しなかったが、敗因については...

前半の戦い方を悔やんだ吉田。後半に挽回したものの、最初の2失点が最後まで尾を引いたと悔んだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップ決勝の日本代表対カタール代表がUAE・アブダビのザイード・スポーツシティ・スタジアムで2月1日の18時(日本時間23時)から行なわれた。

 日本は立ち上がりから積極的に仕掛け、勇猛にカタール陣内へと攻め込む。まずまずの入りを見せた日本だったが、12分に一瞬の隙を突かれてしまう。準決勝までに8得点を奪って大会得点ランクトップを走るアルモエズ・アリにオーバーヘッドを叩き込まれた。直後の27分にはハティムに豪快なミドルを決められて、早い段階で2点のビハインドを背負った。

 0-2で迎えた後半、日本は猛攻を仕掛ける。69分には南野が1点を返したものの、再び森保ジャパンに悪夢が襲う。83分、カタールのCKに対して吉田麻也が競り、ヘディングでクリア。事なきを得たかと思いきや、ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)によってハンドの判定を下されてしまった。これをアクラム・アフィフに決められて、日本は万事休す。1-3で敗れ、2大会ぶりの優勝は果たせなかった。
 

 試合後、吉田麻也がフラッシュインタビューに登場。敗戦直後の気持ちを率直に語り、前半の2失点を悔やんだ。

「相手は中2日にも関わらず、いい準備をして僕ら以上にアグレッシブに戦ってきて、そこで2失点をしたことが勝負を分けた」
 
 VARによって自身のハンドからPKを与えるなど、後半も苦戦。思い通りに運べなかった試合に肩を落とし、「足りないところだらけで、チームも僕も一瞬の隙を突かれてしまった」と反省の言葉を並べた。
 
 今大会は準優勝で終わったものの、最大の目標であるカタール・ワールドカップまであと3年ある。「大会を通して、1個1個レベルアップしたと思いますけど、やっぱり隙がまだまだあると思うし、自分たちの隙を見せない準備、ゲームへのアプローチをやっていかないといけない」と、カタール戦の悔しさを糧に、吉田はさらなる成長を誓った。

【日本代表PHOTO】日本1-3カタール|南野の今大会初ゴールで反撃の狼煙を上げるも追いつけず。2大会ぶりの優勝を逃す…

【サポ―ターPHOTO】UAEでは日本が人気!?決勝戦を盛り上げた両サポ―ター特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ