• トップ
  • ニュース一覧
  • 「韓国が負けたような気分」「格下ベトナムに日本は屈辱」韓国メディアはベトナムの健闘を称賛!VAR判定にも注目

「韓国が負けたような気分」「格下ベトナムに日本は屈辱」韓国メディアはベトナムの健闘を称賛!VAR判定にも注目

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年01月25日

準々決勝から導入されたVARに着目した報道も

 一方、準々決勝から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に着目した報道もあった。
 
 この日の試合では、序盤に吉田麻也がヘッドで合わせたゴールが取り消され、後半には堂安律がPKを獲得して先制するなど、VAR判定が試合結果に影響したなか、韓国メディアも「VARに笑って泣いたベトナム」(『スポーツ京郷』)、「吉田、手でゴール決めて平気な顔…オマーン戦に続き“またも”主審を騙すところだった」(『sportalkorea』)などと報じている。
 25日に準決勝でカタールと対戦する韓国代表に注意を促したのは、『蹴球ジャーナル』だ。「“韓国に必ず優勝してほしい”と語ってアジアカップを去ったパク・ハンソ監督が、ベント・コリアに貴重な参考資料を残してくれた」として、「韓国代表もVARには特別に神経を使わなければならない。特にディフェンダーはペナルティーエリアでは普段よりも安定したプレーをする必要がある」と綴っている。
 
 韓国でも注目を集めた日本対ベトナム戦。“代理の韓日戦”に勝利した森保ジャパンの戦いには、続く準決勝(28日)でも韓国から関心が寄せられることだろう。
 
文●李仁守(ピッチコミュニケーションズ)

参照元:『スポーツソウル日本版』
「格下ベトナムに日本は屈辱」との評価も。日本対ベトナム戦、韓国では異例の視聴率!!
【関連記事】
【ベトナム戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【セルジオ越後】今の日本には"貫禄"がない。主力の疲労も含めて、イラン戦への不安は募るばかりだ
「日本こそが最強!」「なんという一体感だ」英国誌記者が森保ジャパンのアジア杯制覇に太鼓判!
【ベトナム戦検証】森保監督はなぜターンオーバーを採用しなかったのか? 浮かび上がるリスクと人情味|アジア杯
準決勝で激突するイランとの歴代対戦を振り返る。通算成績は5勝5分6敗、しかも過去16戦中14試合は…|アジア杯

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ