【釜本邦茂】見当たらない日本の軸。攻撃面では柴崎岳の奮起に期待したいが…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月14日

2試合を通じてボランチの存在感があまり感じられなかった

2連勝したものの、日本の選手たちに笑顔は見られない。依然、厳しい戦いが続いていることを物語る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 グループリーグ最終戦のウズベキスタンは、オマーンよりもまたさらに手強い相手になる(トルクメニスタンに4-0で勝利)。すでに決勝トーナメント進出を決めた日本だけど、グループリーグここまでの2試合を見る限り、まったく楽観はできない。中盤での安易な取られ方が多いだけに、やはりカウンターへのリスク管理はきっちりとしておきたい。

 そのうえで、鍵を握るのはボランチなのかもしれない。この2試合を通じて、ボランチの存在感というものがあまり感じられなかったし、とりわけ攻撃面では柴崎のパフォーマンスに大きな物足りなさを感じている。堅実につなぐところでは、そつなくこなしている印象だが、前につける配球が十分ではない。
 
 もちろん引いている相手に対して縦一辺倒になってもリズムは生まれない。逆にインターセプトの餌食にされてしまう可能性もあるが、ボランチからのパスが横パスやバックパスばかりでは、引いて自陣を固める相手守備を打開する糸口は見つけられない。試合を重ねるごとにコンディションは良くなっているようだが、守備面も含めて今ひとつプレーにアグレッシブさが感じられないはのは今後に向けても不安材料だ。

 ウズベキスタン戦はどんなメンバー構成になるか分からないけど、決勝トーナメントでの快進撃をイメージさせるようなスッキリした勝ち方を望みたいね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ