【セルジオ越後】夢があればいいってもんじゃない! 天皇杯とJ1参入プレーオフに覚えた違和感

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月10日

スコア以上に実力の差が顕著になったJ2・6位とJ1・16位の戦い

J1参入プレーオフは小川航(写真)の得点などで磐田が勝利。2-0のスコア以上の完勝だった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 もうひとつ大会の趣旨に疑問を感じたのが、天皇杯決勝の前日に行なわれたJ1参入プレーオフなんだ。この大会は、昨年までJ2の3位から6位までのチームでノックアウト方式を戦って、勝ち抜いたチームがJ1に昇格できていたけど、今年はさらにJ1の16位との“決定戦”というのが増えた。
 
 だから、例年であればノックアウト方式を勝ち上がってJ1に昇格できていたはずのヴェルディが今年は、ジュビロとの決定戦を戦うことになった。そして、結果は2対0でジュビロが勝ったんだけど、そのスコア以上に実力の開きが感じられた。
 
 これまでも何度かJ2の6位のチームが、失うもののない強みを生かしてJ1昇格まで駆け上がったことがあったけど、そのたびにJ1の壁に跳ね返されてきた。今回はまさに一発勝負でそれを見せつけられる形になったわけだ。レギュレーションの変更で昇格できなかったヴェルディには気の毒だけど、J1にふさわしいレベルを伴ったチームではなかった。
 
 要するに今季のJ2は大混戦で多くのチームにチャンスが転がっているようには見えたんだけど、実際はJ2の6位とJ1の下位チームとの間には、これだけの差があるんだということを白日の下にさらす結果になっただけ。この試合、毎年やる意味があるのかな。
 
 多くのチームに夢を与えようという意味でやっていることなのかもしれないけど、ただニンジンをぶら下げて、勢い任せで昇格させても1年を通して戦えば、やはり実力の差は当然見えてくるよ。
 
 天皇杯もそうだけど、協会やJリーグはどこか実情から目を背けて、興行優先でのイベントを作っているようにしか見えない。だから興味を引くための一時的な間に合わせでレギュレーションがコロコロ変わるし、一貫性がない。ずっと言い続けてきたことだけど、継続性がないところに強化や発展はあり得ない。やっぱり継続してこそ重みが生まれるし、偉大な夢につながるのだと思うよ。

【PHOTO】J1残留の立役者!小川航&田口のゴールシーン

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ