中島でも大迫でもない、アジアカップでチームの中心に立つのは遠藤航だ

カテゴリ:日本代表

佐藤俊

2018年11月21日

チームの屋台骨を支える選手がいるからこそ攻撃の選手が輝ける

堂安(写真)や中島らがノビノビとプレーできているのは、中盤でバランスをとる遠藤の存在があってこそだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 大迫勇也、南野拓実、中島翔哉、堂安律の攻撃のユニットには推進力があり、個の質も高い。そこにサイドバックが絡み、さらに2ボランチの相棒が絡む中、遠藤はアンカーのようにどっしりと中央に鎮座している。攻撃中にこぼれたボールやカウンターを仕掛けられた際、遠藤の出動命令が出る。素早くアプローチし、ボールを狩る。対人の強さと対応の早さが確実なボール奪取を可能にし、その結果、日本のポゼッション率を高め、効果的な素早い攻撃をも可能にする。
 
「航が好守のハブにも防波堤にもなってくれているので、うしろは非常に助かっている」
 
 吉田麻也は、遠藤の存在の大きさをそう語る。遠藤は、守備の司令塔のように、なくてはならない存在になりつつあるのだ。
 
 もっとも攻撃陣を操るというところにはまだ至らないが、遠藤が積極果敢に顔を出して攻撃に絡めば、さらに厚みのある攻撃が可能になる。攻守を仕切る影の指揮者の姿さえ見てくる。
 
「自分のチームとか、まだそこまでは考えていないですけど、最終的にはそこまでの存在になっていかないといけない。ボランチというポジションはチームの真ん中にいて、好守に貢献しないといけないので、その役割を常に果たし、徐々に周囲の選手から信頼される選手になっていければいいかなと思います」
 
 派手な攻撃のユニットばかりに注目が集まるが、チームの屋台骨をしっかりと支える選手がいるからこそ攻撃の選手が輝ける。堂安もそのことを理解しており、「自分たちが攻撃している間も常に航さんとかが次の守備のことを考えて、コーチングとかしてくれているんで、自分たちは思い切り攻めることができる」という。攻撃陣、守備陣ともに遠藤に対する信頼の芽は大きく膨らんでいるのだ。
 
 遠藤にとっては、9月からの3か月間は、刺激的な日々になった。
 ベルギーリーグのシント=トロイデンに移籍し、開幕戦で2ゴールを挙げ、鮮烈なデビューを飾った。ボランチとしてのポジションを掴んだり、離したり、うまくいかないこともあるが、それが海外でプレーするということ。簡単にいかないのも織り込み済みでプレーしながら成長を続け、日本代表のレギュラーポジションをほぼ確実にしつつある。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ