金田喜稔がキルギス戦を斬る! 「やはり衝撃的だった“大迫+新ビッグ3”。収穫は攻守に躍動した2ボランチだ」

カテゴリ:日本代表

連載・コラム

2018年11月21日

攻守に躍動した守田と三竿がキルギス戦最大の収穫。

中盤で抜群の存在感を放った守田(左)。ポジショニングに優れ、ムダな動きが少ない点が魅力のボランチだ。 (C)Getty Images

画像を見る

 前線の4人が入れ替わったことが良い形で影響したのか、後半、中盤で水を得た魚のように気持ちよさそうにプレーしていたのが、入団1年目にして川崎のJ1優勝に貢献した守田だった。

 ボランチはACL優勝で自信を深めた鹿島の三竿も悪くなかったし、彼らふたりが存在感を示してくれたことは、この試合最大の“収穫”と言っていい。とくに守田は、後方でさばけて、守備も安定していて、時折FW陣に入れた縦パスも効果的と、攻守において大きな働きを見せてくれたよね。

 日本の攻撃がうまくいっていない時間帯に、守備の部分でチームを助けていたのも守田と三竿のふたりだったし、彼らの絶妙なポジショニングからの気の利いたディフェンスは、本当に素晴らしかった。

 森保監督としても、アジアカップに向けて計算できる駒を増やすべく、いろんな化学反応を期待しながら選手を試しているとは思うんだけど、三竿とも柴崎とも問題なくコンビが組めて、攻守に躍動した守田は、その指揮官の抜擢にきちんと応えられたんじゃないかな。
 
 森保ジャパンでの初ゴールを決めた中島は、十分に敵を引き付けてから繰り出すドリブルとパスで、この日も再三に渡ってファンを魅了してくれた。

 ただアジアカップでは、今日のキルギス以上にハードなタックルに見舞われる危険性がある。今日のように、コンディションが良ければ問題はないけど、怪我のリスクを避ける意味でも、疲労が蓄積されてきそうな大会終盤は、少し球離れを早くしたほうがいいかもしれない。

 まあ、今日のところは、与えられた時間が短かったから、できるだけ長くボールに触れていたかったんだろう。それはそれで、サッカーマンとしてはすごく好感が持てるし、僕は好きなんだけど、やっぱり本番前に怪我はしてほしくないから。シンプルにさばけるところはさばいたほうがいい。もちろん、そうしないところに中島の魅力が詰まっていることはわかるんだけどね。

 絶妙な距離感でプレーする大迫と南野、両サイドから内に絞る形でそのふたりに連動する堂安と中島。ここに守田あたりが高い位置を取ってうまく絡むことができれば、攻撃のバリエーションはさらに増すはず。今日の試合を経て、周囲の期待感はさらに高まっているだろうから、アジアカップには最高の準備をして臨んでほしいね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ