”夢中”だった湘南、飲み込まれた横浜――ルヴァンカップ決勝の勝敗を分けたのは

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2018年10月28日

湘南の守備はすでに“ゾーン”に入っていた

「お前らは優勝するよ」。試合前に選手のモチベーションを高めた曺監督の手腕は称賛に値するだろう。写真:田中研治

画像を見る

 湘南のほとんどの選手がJ1クラスの大会で、決勝戦のピッチに立つのは初めてである。それでも曺監督の言葉に促されるように、選手たちはアグレッシブな姿勢を貫き、序盤からペースを握った。開始1分ですでに2回のシュートチャンスを作った滑り出しが象徴的だ。
 
 猛攻を受けた後半も、持ち前の粘り強さで凌ぎ切り、36分に杉岡大暉が奪った虎の子の1点を、見事に守り切った。むしろ、この日はいつも以上に高い集中力を保っていたようにも見えた。坂の言葉を借りれば、まさに「夢中」だった。
 
 一方で、立ち上がりにいきなりリズムを崩された横浜は明らかに困惑。ようやく後半に本来のアタッキングスタイルを取り戻してきたものの、やはりすでに“ゾーン”に入っていた湘南の強固な壁を破ることはできなかった。
 
 横浜の天野は、こう述懐する。「技術云々ではなく、優勝するという想い。前半の笛が鳴った時から、その気持ちを持ってもっと表現すべきだった。逆に湘南のほうが上回っていた」。
 
 大舞台を楽しみ、自分たちのスタイルを体現した湘南。逆に楽しむことを忘れ、雰囲気に飲み込まれていった横浜。試合に臨むメンタリティの差は明らかだった――。勝敗の行方は、試合序盤ですでに決していたのかもしれない。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ