J1とJ2のレベルの差はいかほどか?町田ゼルビアが天皇杯で直面した現実

カテゴリ:Jリーグ

郡司 聡

2018年07月14日

天皇杯はJ1基準を知る貴重な実戦の場に

手痛い敗戦にも、中島は「次はやってやろうという気持ちにさせられた」と前を向いた。写真:徳原隆元

画像を見る

 仮に何度か鹿島のボールを引っかけて効果的なカウンターを転じられそうな場面を作り出しても、前後左右に動かされた町田は体力を消耗しており、「そこから攻撃に転じることが難しかった」(土岐田)。
 
 町田の戦い方は良くも悪くも、一貫しているため、J2の対戦相手は対策を立てやすい。しかし、今季これまで町田と対戦してきたチームは、サイドチェンジを多用する戦い方や、町田のコンパクトな陣形を広げさせてスペースを突くプランで臨んでも、その攻略法をハイクオリティーで実践できるチームは少なかった。むしろ町田対策を意識し過ぎるあまり、それまで構築してきた自分たちの戦い方を見失って、自滅するチームが多い中、百戦錬磨の鹿島はJ1チームらしくその例外だった。
 
 攻守表裏一体のサッカーにおいて、攻守両面でボールに多くの人数が関わる相馬ゼルビアのサッカーは、自分たちが精神的優位性を得るために、相手に圧力をかけ続け、クオリティーで上回るチームに対しては、少しでもプレー精度を狂わせることで勝機を見い出す前提の下、成立している。それは、「サッカーはメンタルスポーツ」(相馬監督)を自認する指揮官ならではの勝利へのアプローチでもある。
 
 試合後の会見に臨んだ相馬監督は、「相手が余裕なくプレーできるようにする状況を作りつつ、決定機で仕留める機会を作りたかったが、重心が下がったことで相手の頭を下げさせることがなかなかできなかった。逆に我々のほうが構えさせられるような展開になってしまった」と試合全体を振り返っている。早い時間帯での失点が精神的優位性を保てない遠因となり、選手個々としても、チーム全体としても、前向きなプレー選択が次第にできなくなっていく。それが相手のパフォーマンスを効果的に引き出すことにつながってしまった感は否めない。
 
 1-5で敗れた直後のロッカールームでは、「強かった」「うまかった」「すごかった」と、鹿島のクオリティーを称賛する声が多く挙がったという。その一方でプロ歴15年以上を誇る中島裕希らは「次はやってやろうという気持ちにさせられた」と前を向いた。J1基準の中でも、ハイクオリティーに属する鹿島との真っ向勝負は、今後もJ1基準のチームを目指す町田にとって、実際の肌感覚を知る上でも、貴重な実戦の場となったに違いない。

取材・文●郡司 聡(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ