• トップ
  • ニュース一覧
  • 日本代表は強国ベルギーをいかにして追い詰めたのか。データが示す圧巻のパフォーマンス【ロシアW杯】

日本代表は強国ベルギーをいかにして追い詰めたのか。データが示す圧巻のパフォーマンス【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月03日

右は「スピード対決」、左は「スプリント合戦」

迫力満点だった「酒井vカラスコ」のマッチアップ。日本はベルギー自慢のサイドアタックを巧みに封じた。(C)Getty Images

画像を見る

 トップスピード部門では、時速30km超えが6選手に達した。酒井宏樹が32.40kmで最高値を記録し、ケビン・デ・ブルイネと原口が31.97km、昌子源が31.72km、ヤニック・カラスコが30.17kmと続いた。日本の右サイドで丁々発止のマッチアップを展開した「酒井vsカラスコ」は実に見応えがあったが、それを裏付けるデータだろう。ちなみにスピード自慢のエデン・アザールは29.48kmで、ロメル・ルカクも28.58km止まり。日本の守備陣は彼らを“乗せ”なかったのである。
 
 スプリント回数については、ベルギーの右サイドで躍動したトマ・ムニエが驚異の65回を叩き出した。チームの2番手がアザールの39回なのだから、凄まじい孤軍奮闘ぶりだ。対する日本で50回を超えたのが、乾の59回と長友の56回でこちらも圧巻の数値。ある意味で、日本から見て右サイドは「スピード対決」、左サイドは「スプリント合戦」だったと言えるのかもしれない。
 
 数字上ででもまったくヒケを取らなかったサムライブルー。堂々たる戦いぶりはやはり、称えられて然りだろう。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】「惜敗」はなんの慰めにもならない。そこに差があることを認識しないと
「自己過信が招いた結末」「カガワは模範」仏メディアが日本代表のW杯を総括!【ロシアW杯】
「戦士の気概を示した!」「心から同情する…」ベルギーに惜敗の日本代表を英メディアが称賛
【日本2-3ベルギー|採点&寸評】最後の最後でカウンターを許したのは痛恨。ただ、乾のゴールは今大会のハイライトのひとつだ
「カガワは偉大!」仏誌が日本vsベルギー戦を採点! 香川と乾に最高点の「7」【ロシアW杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ