【ガーナ戦のスタメン予想】本田、香川、岡崎の同時起用がしっくりくるシステムは?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年05月18日

トップ下は本田で2トップが大迫と岡崎だと、香川は…

3バックを前提に岡崎をFWで起用するならこの形がベストか。

画像を見る

 3バックを前提とした場合、まず考えられるのは本田をトップ下に置く3-4-1-2システムだ。GKは川島、3バックは吉田、長谷部、槙野。ウイングバックは右が酒井宏で、左が長友、ボランチの一枚は山口がおそらく確定で、もう一枚は柴崎か大島か。サッカーセンスは本物の大島は怪我さえなければ西野ジャパンの中心的存在になれるポテンシャルを秘めているだけに、もしかしたら柴崎を押しのけてスタメンを張る可能性はある。
 
 トップ下は本田で2トップが大迫と岡崎だと、香川は残念ながらバックアッパーという立ち位置になりそう。現在のコンディションで単純比較すれば、トップ下のレギュラーは香川よりも本田が相応しい。
 
 本田と香川の同時起用にこだわるなら、3-3-2-2システムという手もある。GKと3バックは前述した通りで、その前の3枚が酒井宏、山口、長友、シャドーの2枚が香川と本田で、2トップが大迫と岡崎。ただ、攻守のバランスを考えると、かなり攻撃的でリスキー。日本が弱者のワールドカップという舞台を踏まえれば、現実味に乏しいシステムになりそうだ。
 
 西野監督はビッグ3について「代えが利かない」と言うが、3バックシステムを前提とした場合の3人同時起用はなかなか難しい。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】結局、ハリルの見立ては正しかった?“西野シェフ”の腕の見せどころだ
「あれ? 中島翔哉は?」「年功序列ジャパン」日本代表メンバー27名の発表にファン騒然!
【日本代表】コンディションよりネームバリュー? 結局はビッグ3頼みなのか
「23人」に生き残るのは? ガーナ戦の選手選考から日本代表の"W杯メンバー"を占う
【日本代表】西野監督が本田と香川の選出理由に言及。「彼らは代えが利かない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ