R・マドリーの14歳中井卓大は、世界有数のエリート集団でいかに振る舞っているのか

カテゴリ:海外日本人

中村僚

2018年03月31日

今後求められるのは「独自の力を示すプレー」

大会初優勝を飾ったマドリー・カデーテB。中井(手前左)もチームメイトとともに喜びを爆破させた。(C)Getty Images

画像を見る

 続く決勝戦は、開幕戦でも戦った湘南との顔合わせ。湘南は3-5-2システムで臨み、守備時には両ウイングバックが下がって5バックになる。マドリーのウイングにボールが入った時には、DFラインが素早くスライドして対応。ボールの奪いどころを明確にし、局面では互角の戦いを見せた。
 
 とはいえやはり、マドリーが一枚上手だった。湘南の守備陣形を見定めると、即座にDFラインの裏へロングボールを展開。そこからはショートパスとロングパスを織り交ぜて湘南を揺さぶり、終わってみれば2-0の快勝だ。圧巻のチームパフォーマンスで大会初優勝を飾った。
 
 湘南が守備陣形を整えてプレッシャーを強くかけてきたこともあり、中井は下がり目の位置でプレーすることが多かった。また、日本人同士の対抗意識があったのか、中井へのプレッシャーが他の選手に対するそれよりも強く感じられた。しかしその状況下でも、中井はボールを失なうことなく安定したプレーを披露。潤滑油としてしっかり機能していたのだ。

 
 大会を通じて能力の高さを示した中井だが、決勝の湘南戦では後半に途中交代し、彼が抜けた後もチームは変わらず質の高いプレーを持続させた。「重要なピースのひとつ」であることは間違いないが、「代わりのいない選手」には至っていない印象だ。マドリーにとってのそれは、9番FWサラ、10番MFブルーノ、11番FWデ・ラ・ビボラが該当するだろう。独力で3、4人を打破するドリブル、予想外のエリアからのシュート、全員の虚を衝くスルーパスなど、局面を変える力を持っていた。
 
 今後の中井に求められるのは、そういった独自の力を示すプレーなのかもしれない。
 
取材・文●中村僚
 
【関連記事】
話題沸騰! R・マドリーで技を磨く驚異の14歳、中井卓大はどれほどの逸材か
久保建英は、具体的に何が凄いのか? 今さら聞けない逸材の真価とは
世界中の「美女サポーター」が集結! ロシアW杯は「美人すぎる」「セクシーすぎる」と話題沸騰必至
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ