【福岡】まるで「水を得た魚」。トップ下で輝く石津大介の双肩にJ1昇格は懸かっている

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2018年02月06日

「守備も求められているのは理解している」(石津)

石津はサイドよりもトップ下で輝きを放つ。横浜守備陣を翻弄する姿は、強烈にそれを印象付けた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「求められている速いカウンターでしっかり仕留められたし、やろうとしたことが形になったゴールだと思う。普段のトレーニングから意識してきたものがJ1相手にも出せたのは自身になる」(石津)
 
 井原監督も石津の特長が凝縮されたゴールに「前線の選手を活かす出し手にもなれる」と彼を称賛する。1本目にも、そしてゴールシーンの前後にも、石津はピッチを去るまで攻撃面で“違い”をつくり続け、幾度も周囲を唸らせた。
 
 同時に「守備も求められているのは理解している」と果敢なチェイシングで相手のビルドアップを遅らせるなど、献身性も示している。攻守ともに強烈な存在感を放つ姿は、自ら最前線を駆け抜ける雄々しき“将軍”のようで、頼もしくもあった。
 
 もちろん「前線のポジション争いは熾烈で、開幕まで先発は分からない」という指揮官の言葉は本音だろう。トゥーリオ、森本貴幸、ドゥドゥ、山瀬功治、城後寿、ユ・インス、松田力、枝村匠馬とJ2屈指の選手が名を連ねる。
 
 それでも輝きを取り戻した石津のプレーを目の前で見ると、断言せずにはいられない。中央で起用されるのであれば、「石津の双肩に福岡のJ1昇格は懸かっている」と……。
 
取材・文●古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ