【福岡】まるで「水を得た魚」。トップ下で輝く石津大介の双肩にJ1昇格は懸かっている

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2018年02月06日

「たくさんボールを受けられているし、やりやすい」

2本目の4分、石津(写真右)がユ・インスのゴールをお膳立て。狙いとしている素早いカウンターから一気に仕留めた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜と福岡のトレーニングマッチが2月6日、宮崎県宮崎市のシーガイア・スクエア1で行なわれた。45分×2本のゲームは1、2本目ともに横浜が4-1-4-1、福岡が4-2-3-1の布陣。1本目は開始20秒ほどの電光石火で福岡の石津大介がゴールを奪い、2本目も4分に福岡のユ・インスが得点を決めて、ともに0-1で後者が勝利した。
 
 福岡の井原正巳監督は「ボールを支配されてしまい、まだまだ力の差があると感じた」と話すが、集中力高く最後までリードを保ち、「勝ちにこだわる」(同監督)部分は完遂された格好だ。
 
 手堅く、また粘り強く守りながら効果的なカウンターを繰り出す福岡のなかで、ひと際目立っていたのが2017シーズンに神戸からレンタル復帰した石津だ。1本目はフルタイム、2本目は31分までプレーした背番号16は、トップ下に入って横浜守備陣を翻弄した。
 
 類稀な嗅覚で最終ラインと中盤の間のスペースを見つけ出し、タイミング良く入り込んでは味方からのボールを呼び込んだ。その後の選択肢も多種多様。時にはターンして突っ掛け、時にはキープして味方の押し上げを助け、時には簡単に叩いて攻撃のリズムを作った。
 
 トップ下に置かれた石津は「水を得た魚」だ。サイドで起用されることも多かった復帰1年目とは、躍動感がまったく違う。「サイドだと相手の攻撃に引っ張られて位置が低くなり、良さが消えてしまう」(同監督)ため、真ん中に置いた采配がドンピシャだった。
 
 本人も「たくさんボールを受けられているし、やりやすい」と気分は上々。チームが目指している形と石津のスタイルが噛み合ったシーンが2本目の4分。FC東京から新加入のユ・インスがゴールネットを揺らしたシーンだ。
 
 福岡はボールを奪うと、ショートカウンターを発動。首を振って周囲を確認した石津に、注文通りのボールが入る。16番が素早くターンすると、眼前には広大なスペースが広がっていた。すかさずドリブルを開始して中央にDFを引き付け、そして絶妙なアシストパスを通してみせた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ