高校日本一でも落ちこぼれ… インカレ優勝の流経大を支えた付属校出身選手の反骨精神

カテゴリ:大学

竹中玲央奈

2017年12月25日

流経大には「悔しさをバネにしてステップアップできる土壌」がある。

来季の仙台入団が内定しているジャーメイン。プロに上がるために必死になった4年間だったと大学生活を振り返った。写真:竹中玲央奈

画像を見る

流経大は法政大を5-1と圧倒。2014年以来の大学日本一に輝いた。写真:竹中玲央奈

画像を見る

「今年1年は求められていた以上の結果を残すことができなかったし、優勝というのは自分たちの代で期待されていたと思う。その中で最後に目標を達成できたのはすごく良かった」
 ジャーメインはこう語る。
 
 彼を筆頭に付属校組のメンバーは、自分たちが優勝を期待されているということを強く感じていたようだ。そのなかでプレッシャーと常に隣り合わせにありながらも、最高の結果を手にしたのだから、喜びもひとしおである。
 
 ただ、タイトルを義務付けられたなかでも彼らを支えたものがある。それが、強い反骨精神だ。一見して大学サッカー界においてエリートのように見える付属校上がりの選手たちだが、前述したように青木亮太や小泉慶という同期がプロに進んだ一方で、自分たちはその舞台に立てなかったという“劣等感”が存在する。
 
「結果として高卒でプロに行けなかったというのは、ある意味一度ふるいから落とされたということ」とジャーメインは語ったが、続けてこう口にした。
「だけど、大学で最後のチャンスがあると。そこに必死になった4年間だった」
 
 1年生からレギュラーを掴み、今大会もチームの最終ラインを締めた今津佑太はこう言う。
「プロになれなかったということで“おちこぼれ”という意識があったし、高校時代に本田先生にも言われました。だけど、その悔しさをバネにしてステップアップできる土壌が流経にはあったと思う」
 
 タイトルの数で言えば、彼らより上の世代のOBたちや筑波のような他の大学に劣っていることは間違いない。だが、様々な想いや重圧と戦いながらも、最後の最後に栄冠を手にした彼らには、大きな拍手を贈りたい。
 
取材・文●竹中玲央奈(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ