【釜本邦茂】ロシアはハリル続投でOK! どんなサッカーだろうが言うことを聞き過ぎるのが問題

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月01日

どんなサッカーをやろうが、自分たちの頭で判断しなければいいサッカーはできない。

井手口が強烈なミドルを叩き込み勝利を手繰り寄せる。敵陣でのボール奪取から一気にゴールを陥れた。写真:田中研治

画像を見る

 ところでオーストラリア戦の前に、一部報道でハリルホジッチ監督の解任の可能性が報じられていた。負けは言うに及ばず、引き分けでも内容次第では危ないって話だったね。
 
 まあ、勝ってワールドカップ出場を決めたことで、ひとまず解任というのはないだろうけど、僕はこのままハリルホジッチ監督が本大会の指揮を執っていくべきだと考えている。今から指揮官を代えて、また新しい体制でチーム作りを進めていくよりも、これまで追求してきたサッカーの精度を上げていく方が、強化の効率はいいだろう。
 
 ただ、ここで勘違いしていけないのは、ハリルホジッチ監督が「縦に速い」サッカーを目指しているからと言って、縦への速さばかり考えていてもしょうがないということ。よく言われることだけど、日本人は監督が言ったことをきちんと守り過ぎるんだ。「縦に行け」と言われたら縦にしか行かないし、「つなげ」と言われたら、とにかく安全にパスをつなぐことばかり考える。
 
 真面目なんだよね。日本人って。だから、「縦に速い」サッカーをやろうが、「ショートパスをつなぐ」サッカーをやろうが、自分たちの頭で判断して状況に応じたプレーをしなければ、良いサッカーなんてできないんだ。「縦に速い」ばかりに縛られ過ぎたら、それはジレンマに陥るのは目に見えるよ。
 
 本質的に、サッカーはピッチ上の選手たちがやるもの。選手自身が縦に行かなければいけないのか、ゆっくりつなぐべきなのかを考えてプレーすべきなんだ。だから、問題は監督じゃなくて選手自身にある。
 
 ただ、そういう意味でもオーストラリア戦の日本は、良い試合運びを見せていたと思うよ。前半は前から奪いに行くところと、少し引いてブロックを構えて守るところを使い分けて、チャンスをしっかりモノにした。後半は相手が点を取りに出てきたところを見計らって、タイミングよく縦に速いカウンターを繰り出していた。チームリーダーである長谷部が戻ってきた面も大きかったかもしれないけど、こういう流れを読んだ試合巧者なサッカーを展開できれば、本大会も期待できるんじゃないかな。

【PHOTO】日本×オーストラリアの美女サポーターたち♥
【関連記事】
【セルジオ越後】山口蛍、今野、そして井手口…Jリーグ勢がW杯に導いた
【日本2-0オーストラリア|採点&寸評】ロシア行きを決定付ける会心ミドル!攻守に貢献した井手口をMOMに
【現役の眼】元日本代表MF、橋本英郎が見極める「日豪決戦、勝負を分けたポイント」
【日本代表】事前のスタメン落ち通告にも奮起した原口元気。貴重な追加点を導く
【日本代表】ワールドカップ出場にハリルが大興奮!「日本のみなさんのための勝利!」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ