【高円宮杯】流経大柏高の強く、高いCB。関川郁万から滲む「勝たせる選手」という自負

カテゴリ:高校・ユース・その他

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2017年07月05日

「U-17ワールドカップでは周囲との連想性がより必要」

日本人DFでの理想像はFC東京の森重選手。「上手くて、強くて、高い」という総合力に惹かれている。写真:平野貴也

画像を見る

 森山監督が視察に訪れていたこともあって、「アピールの場だったが?」と代表の話を向けてみる。「インターハイ予選も見に来てくれて、その時はまあまあアピールできましたよ」と少しだけ表情が崩れた。
 
 実際、7月4日に発表された第21回国際ユースサッカーin新潟のU-17日本代表のメンバーに、関川も選ばれている(7月15日~17日にU-17クロアチア代表やU-17メキシコ代表と対戦予定)
 
 昨年のU-16アジア選手権ではメンバーに選出されたものの、怪我のために離脱を余儀なくされている(最終的な代役は当時C大阪U-15だった松本凪生)。だからこそ、“リベンジ”として、10月にインドで開催されるU-17ワールドカップへの想いは強いのではないだろうか。
 
「対アジアでしたから、対人に強くて高さもあるという理由で呼ばれたんだと思っています。次の相手は世界。個人能力はもちろん、周囲との連動性もより必要になりますし、頭をフル回転させながら戦うことが大切です。でも、自分はあんまり勉強ができなくて(笑)」
 
 適切なプレー選択、そして刻々と変化する状況を整理することに今は重きを置いて日々のトレーニングや試合に臨んでいるという。それが世界への扉を開くと信じている。
 
「代表選手に選ばれて、U-17ワールドカップの雰囲気を肌で感じるだけでも価値観とかが変わると思うんです。そういった国際経験はとても大事ですからね。もちろんピッチに立ちたい想いもあります。もし招集されたら、それで満足せずに、試合に絡めるように頑張るだけです」
 
 最後に「少し上の世代で言うと、鹿島の植田直通選手にプレースタイルが似ている気がする」との前置きをして、目指す選手像を訊ねてみた。
 
「顔も植田選手に似ているって言われてますよ(笑)。個人的に好きな選手ですし、プレーもすごい。ただ、日本人選手で現在の理想像はFC東京の森重真人選手ですね。上手くて、強くて、高い。たまたまですけど同じスパイクを履いてますし、一種の憧れみたいな感じです。
 
 自分は求められるものがたくさんありますが、まだまだできないことのほうが多い。なので、もっとトレーニングを積んで、総合力の高いCBになれたらなと思います」
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【高円宮杯】ただ、上だけを見つめて――。川崎U-18の万能型FW・宮代大聖の貪欲さ
【U-17日本代表】国際ユースサッカーin新潟のメンバーを発表。久保や瀬古はJ3優先か
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
【総体】組み合わせが決まる!! 選手権王者の青森山田が東福岡×明徳の勝者と激突!
いきなり欧州挑戦も!? Jスカウトが争奪戦を繰り広げるU-17日本代表の大器

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ