【高円宮杯】流経大柏高の強く、高いCB。関川郁万から滲む「勝たせる選手」という自負

カテゴリ:高校・ユース・その他

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2017年07月05日

「自分が低調だったからチームが負けたんだと思っている」

不調だったプリンスリーグ関東7節・川崎U-18戦。関川は「自分のせいで負けたと思う」と試合後に話した。写真:平野貴也

画像を見る

[高円宮プリンスリーグ関東7節]流経大柏高 1-2 川崎U-18/7月2日(日)/流経大柏高グラウンド
 
 当事者の関川郁万、流経大柏高監督の本田裕一郎氏、U-17日本代表監督の森山佳郎氏。試合後、三者が三様に4-2-3-1の左CBに入った関川のパフォーマンスが低調だったと証言した。
 
「全然ダメでした。ヘディングがまったくで、自分の持ち味を出せなかった」(関川)

「今日はダメだったね。(エアバトルで)タイミングが合っていなかった」(本田監督)

「ちょっと今日の試合では、撥ね返す部分で案外勝てていなかった」(森山監督)
 
 高い身体能力は披露した。ジャンプ力は相手より頭ひとつ抜け、スピードで後手を踏まず、当たり負けもしない。要所でも対応はほぼ冷静だった。正確なフィードで大きく試合を動かすこともあった。
 
 それでも、真夏を思わせるような蒸した炎天下で行なわれたプリンスリーグ関東7節・川崎U-18戦は、彼の試合ではなかった。ただ、本田監督も森山監督も能力の高さを認めるがゆえの厳しい評価なのだろう。
 
「セットプレーでは相手に脅威を与える存在ではあった。相手の細かい変化に対応して集中力を切らさずに守り切るという部分では物足りなさもあったが、高いポテンシャルを感じられる選手なので、これから成長していってほしい」とは森山監督の言葉だ。
 
 確かに後半に数多かったCKでの破壊力には目を見張った。ボールが飛んでくるポジションを掴み、飛び、ヘディングをする。文字にするとこれだけの動作なのだが、事もなげにこなす様は頼もしく映った。
 
 そのことをお世辞など混ぜず、正直に伝える。しかし、本人は納得しない。
 
「勝敗が掛かっているんで、決めないと意味がないです。今日は1点差で負けましたけど、自分が1ゴールを奪っていれば引き分けですし、2ゴール取れていれば勝てていた。まだまだです。
 
 先週の三菱養和戦(プリンスリーグ関東6節)では、(中村)敬斗とか栗原イブラヒムジュニアとバチバチに戦えた。でも今日の(宮代)大聖にはそんなに……。自分が低調だったから川崎U-18に負けたんだと思っています」
 
 自身のプレーが勝負を決める――。昨年からスタメンを張る男から、そんな自負が滲み出ていた。
【関連記事】
【高円宮杯】ただ、上だけを見つめて――。川崎U-18の万能型FW・宮代大聖の貪欲さ
【U-17日本代表】国際ユースサッカーin新潟のメンバーを発表。久保や瀬古はJ3優先か
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
【総体】組み合わせが決まる!! 選手権王者の青森山田が東福岡×明徳の勝者と激突!
いきなり欧州挑戦も!? Jスカウトが争奪戦を繰り広げるU-17日本代表の大器

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ