「セリエA最年少チーム」はミラン! ただ、中国参入でセスクやベンゼマら大型補強なら――

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月09日

チャイナ・ミラン誕生ならベンゼマやセスクの獲得へ。

チャイナマネー流入なら夏の大型補強は確実。ベンゼマ(左)やセスク(右)など中堅・ベテランの大物獲りに動く見込みだ。(C)Getty Images

画像を見る

 それでも、12月にチャイナマネーへの身売りが実現していたら、ミランは市場価格の高い中堅・ベテランのビッグネーム獲得に動いていたかもしれない。だが周知の通り、クロージング(株式売却取引完了)は春に持ち越された。
 
 そして、やはり資金が限られた冬のマーケットでミランが獲得したのは、ジェラール・デウロフェウ(23歳)とルーカス・オカンポス(22歳)。またも若手がチームに加わったのだ。期せずして、ミランは世代交代を進んだと言えるかもしれない。
 
 ただ、この体制が来シーズンも続くかどうかはまったくの不透明だ。3度目の延期がなければ、ミランは4月14日までに中国資本へのクラブ売却が実現する予定。すでに来シーズンに向けた大型補強の可能性が騒がれている。
 
 チャイナマネー流入で補強資金が潤沢になれば、昨夏も獲得に動いた29歳のセスク・ファブレガス(チェルシー)をはじめ、27歳のピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)、29歳のカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)、26歳のマテオ・ムサッキオ(ビジャレアル)など、それなり金額がする中堅・ベテランにターゲットを合わせると言われている。これらの補強が現実となれば、ミランがセリエA最年少チームを維持するのは難しいだろう。
 
 ユーベやローマの例を出すまでもなく、スカッドは若手だけでも、ベテランだけでも理想的とは言えない。大事なのは両方のバランスだ。その意味では、来シーズンに現在の若手を維持しながら、経験豊富な中堅・ベテランを組み込めれば、ミランは強力なチームになるかもしれない。
 
【関連記事】
【ミラン番記者】本田圭佑は「マーケティング要員」としても不要に…
【現地発】痛恨ミスのドンナルンマ…それでも「ブッフォンの後継者」たりうる理由とは?
長友のインテル残留はありえない…ビッグオファーもなく中小クラブ行き?
インザーギ引退後に“ミランの9番”を纏った6人のゴール数が…
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ