C・ロナウドの“本家の凄み”から鈴木優磨は何を感じたのか?

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2016年12月19日

ヒーローの2ゴールを目撃して「悔しいです…」と吐露。

C・ロナウドは延長戦で二度のセレブレーション。これを見た鈴木の想いとは? 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 試合後、取材ゾーンである記者から「ロナウドにあのポーズを二度も目の前で見ましたが、どんな気分に?」と問われると、こう吐露した。
 
「試合中は敵なんで、やっぱり悔しかったです……。(C・ロナウドは)今日の試合でそんなに調子が良かったわけじゃないと思うんですけど、1分、2分で仕事ができる。あーゆーところはすごい、本当にストライカーだなと思いました」
 
 試合後にはC・ロナウドに声をかけ、後ほどユニホームをもらったようだが、取材ゾーンでの表情は終始冴えないまま。口を衝いて出たのは反省の弁ばかりだった。
 
「レアルはウチが2-1でリードするまで本気じゃなかったと思います。(ヘディングシュートは)決めたら違った展開になっていたはずなので、決めたかったです。自分は全然通じなかったし、チームとしても違いを感じた。メンタルを含めてすべての部分でもっと質を上げていかないと、あのレベルには追い付けない」
 
 とはいえ、プロ2年目の20歳にとって今大会は、何事にも代えがたい貴重な経験となった。
 
「石井監督も言っていましたけど、今回の2位を恥じらうことはない。本当に素晴らしい経験をさせてもらいました。夢のようなことばかりで、とても満足感を覚えています。とくにレアルに本気を出させたのは大きくて、世界の基準でどのくらいやれるのか、どの質を上げればいいのかが分かりました」
 
 C・ロナウドは自信家で鼻っ柱が強い一方、課題をしっかり認識したうえで規格外のハードワークを続ける文字通りの“練習の虫”として知られる。その尽きせぬ向上心こそが、彼を世界の頂へ導いたと言っても過言ではない。
 
 鈴木はこの決勝後も勝気な一面を見せながら課題を素直に認めるなど、いわば似たようなメンタルの持ち主だ。憧れのヒーローと同じく高い志を持って自らを鍛え上げていけば、まだまだ伸びるに違いない。
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
 
【クラブW杯決勝PHOTO】鹿島が大健闘も、マドリーが延長戦を制して世界一に!

【PHOTO】クラブW杯を彩る美女サポーターたち♥
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ