FC東京入団内定の大注目GK、廣末陸が激白。青森山田の進化、かつての挫折、そして選手権への想い

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2016年12月17日

「チーム全員の想いを背負ったPKだった」

恩師の黒田監督と並んで喜びを噛み締める。「選手権も獲って恩返しがしたい」と殊勝なコメント。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

廣末を中心軸とするディフェンスは鉄壁の一語に尽きる。選手権も間違いなく優勝候補の一角だ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

──バーレーン(U-19アジア選手権)でも同じような経験をしましたね。
 
「勝ち切る力を感じたし、バーレーンで無失点に対する意識がすごく高まった。今日(チャンピオンシップ)にしても、あそこまで無失点で行けたからこそ点が入って、結果に繋がったと思う。そこはすごく学びました」
 
──チャンピオンシップでは本当に安定したプレーを披露し、PK戦では廣末陸で始まり、廣末陸で終わりました。
 
「最初からPKの順番で4番目と決まっていて、たまたま自分の番で終わっただけなのですが、チーム全員の想いを背負ったPKだったと思います。絶対に決めないといけないというプレッシャーがありましたが、自信もありました。決まった瞬間はスタンドにわざわざ青森から応援に来てくれた仲間もいたので、走って行きましたね。ずっと相手の応援団より大きな声で応援してくれて頼もしかったし、ピッチもスタンドも全員がひとつになれた。高校に入ってから一番嬉しい瞬間でしたね」
 
──これで選手権は全国からマークされる存在になります。
 
「高円宮杯チャンピオンという肩書きを持って臨むことになるんで、良い緊張感を持ちながら、青森山田のパワーを前面に出して戦いたい。またここ(埼玉スタジアムは選手権決勝の舞台)で優勝をしたいと思います」
 
──高校から青森にやって来て、この3年間ですごく逞しくなったと思います。
 
「信念を持ってやって来られたのが大きいと思います。FC東京U-18に昇格出来なかったとき、自分の足りない部分は分かっていた(廣末はFC東京U-15深川の出身)。なので、それを解消し、より成長するために青森山田に来ました。受け身ではなく、アグレッシブに自分から仕掛けるGKになりたいと思ってやってきました。僕のような身長(1㍍84㌢)だと、受け身になってしまうとそこでやられてしまう。一歩でも前に出て、自分から仕掛けていくことがすごく大事なので、ずっと意識しています。自分なりにこの3年間積み上げてきて、確実に自分のものになっている自覚があるので、これからも信念をしっかりと持ってやっていきたいです」


取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)
 
 
 
 
【関連記事】
青森山田がチャンピオンシップ初制覇! 広島ユースをPK戦で下す
総勢122名が新たにプロに! 2017Jクラブ・新卒入団&昇格内定者を一挙に紹介
プレミアEAST初制覇の青森山田。“勝負弱かった”タレント集団はいかにして栄冠を掴んだのか
【高校サッカー勢力図】選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?
【高校選手権】今大会のJ下部組織・人材輩出数ランキングを発表!! 最多16人を記録したクラブは?
【選手権出場校】青森・青森山田|番狂わせは起こさせない!! 20連覇達成の名門はなぜ県予選で負けないのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ