第1回高校生FK選手権を開催! アンバサダーの三浦淳寛氏「日本をFK大国に」

カテゴリ:特集

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月30日

「何歳になってもキックは上手くなる」

大会の発起人。三浦氏が開発した「ATSUフリーキック練習ボール」が試合球として使用された。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

大会アンバサダーの元国際審判員の西村雄一氏。自ら笛を吹き、決勝ではバニシング・スプレーも披露。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 実技指導では蹴る位置によって曲がり方、落ち方がどう違うのかという部分を中心にレクチャー。選手たちも食い入るように聞き入り、そのボールを公式球として行なわれた今大会では「ボールの軌道が見やすかった」、「ミートポイントが分かり易かった」という声が聞こえ、FK精度の向上に一役買っていた。
 
 大会には港区の高校生を中心とした22チームが参加し、4グループの予選リーグを経て上位2チームによる決勝トーナメントで優勝を争う方式が採用された。その結果、東工大附Bチームが優勝。決勝弾を決めた長谷川明日人君(3年)は「三浦さんのキックを見て火がついた」とゴールシーンを振り返り、チームメイトと喜びを分かち合った。
 
 次回の大会に関しては未定だが、三浦氏は日本のFK技術向上を目指すべく、2回目の大会実施に意欲を示す。「大人になったら上手くならないとか言うけど、それは大きな間違い。何歳になってもキックは上手くなる」という三浦氏は、日本を背負うフリーキッカーをこの場から生み出すことを誓っていた。
 
取材・文:松尾祐希(フリーライター)
 
第1回高校生FK選手権に出場された方は、こちらのサイトから写真のご購入できます。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ