川口能活クロニクル――20年前のブラジル戦勝利“マイアミの奇跡”は情報分析の賜物

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月30日

ブラジルのセンターバックの背後を突ければ必ず勝機は生まれる。

“マイアミの奇跡”は決して“奇跡”ではないという川口。徹底した情報分析によって大勝利を掴んだ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

■徹底した情報分析で見えた弱点
 
 アトランタ五輪の本大会は出場16か国を4グループに分け、各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出する方式で行なわれました。
 
 僕たちは、初戦は南米代表のブラジル、2戦目はアフリカ代表のナイジェリア、3戦目はヨーロッパ代表のハンガリーと対戦することになったのですが、ブラジル戦は五輪開催都市のジョージア州アトランタではなく、フロリダ州マイアミのマイアミ・オレンジボウルで開催されました。
 
 初戦を優勝の大本命であるブラジルと対戦する日本。戦力的に見たら、「負けて当たり前」の状況ではありましたが、僕たちは決して“負けることを前提”で試合には臨みませんでした。やるからには勝ちたい。そんな強い気持ちをもって、当日のピッチに立ちましたし、勝つための準備もチーム全体で怠ることはありませんでした。むしろ準備に関しては徹底的にやりました。先の世界選抜戦には日本のスカウティングチームが乗り込み、念入りに情報を分析しました。その結果、ブラジルの弱点を洗い出すことができたのです。
 
 そのひとつが、ブラジルのセンターバック2人の“背後のスペース”でした。ゴールキーパーのジダを含めて、この3人にはスピードがありませんでした。アウダイールがオーバーエイジ枠として直前で合流してきたためか、3人の連係に不安を抱えていました。センターバックの背後の対応の拙さを突くことができれば、僕たちにもチャンスがある、というのが、スカウティングスタッフの分析結果でした。
 
 このことは、ミーティングでも練習でもつねに伝えられていて、食事会場でのテレビにはつねにブラジルの選手たちのプレーを編集したビデオが流されていました。そこでも意図的に、センターバックの守備の対応がうまくいっていないプレーをたくさん流していたのを覚えています。
 
 スタッフによる徹底した“刷り込み”によって、僕たちは完全に洗脳されていました。ブラジルのセンターバックの背後を突ければ、かならず勝機は生まれる、と。ただただ勝つことだけを信じて、僕たちは本番当日を迎えたのです。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ