【J2採点&寸評】千葉×横浜FC|船山が豪快ボレーで決勝弾! 千葉が苦しみながらも固い守備を築いた横浜FCを下す

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年03月13日

横浜FC――守備を固めてカウンターを狙うも攻撃の形は作れず。

【警告】千葉=アランダ(23分) 横浜FC=野村(20分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】船山貴之(千葉)

画像を見る

【横浜FC|採点・寸評】
GK
18 南 雄太 6
序盤から的確なセーブを見せる。失点シーンは船山の見事なボレーシュートを褒めるべきだろう。
 
DF
3 田所 諒 6
守備に軸足を置き、対面した小池の突破を阻む。攻撃面での貢献はなくとも与えられた任務はある程度、果たせたと言えるだろう。
 
4 デニス・ハリロヴィッチ 6
吉田とのフィジカル勝負を制し、ゴール前の高い壁となった。ハイボールを撥ね返す力も見せつけた。

5 西河翔吾 6
相棒のハリロヴィッチが前に対応に出た際にはしっかりその穴をカバー。冷静に千葉の攻撃に対応した。

15 市村篤司 5.5
前半は 粘り強い守備で右サイドに蓋をし、千葉の左サイドの長澤&阿部に決定的な仕事をさせなかった。一方、後半は後手を踏むシーンがあった。

MF
8 佐藤謙介 5.5
サイドにスペースが空けば的確に埋め、最終ラインまで戻りディフェンスするなど守備の強化にひと役買った。だが守備に注力したせいか、フィード精度は高くなかった。

10 寺田紳一 5.5(74分OUT)
攻撃に移れば積極的に前線に顔を出し、2トップをフォローしようとした。しかし、決定機なチャンスは生み出せず。

16 野村直輝 5.5(83分OUT)
左SBの田所と協力して千葉の右の攻撃力を削ぐ。攻撃面では何度か仕掛けるシーンがあったが、相手を抜くには至らなかった。

19 小野瀬康介 5.5
右サイドでボールを持ち、周囲の攻め上がりを促す。ただ得点につながる効果的なプレーは少なかった。
 
FW
9 津田知宏 5.5
大久保の頭でのすらしに反応して千葉の最終ラインの裏を取ろうと走り回る。なかなかシュートまでは持ち込めずに終わった。

39 大久保哲哉 5.5(68分OUT)
ポストプレーや空中戦の強さを活かし、幾度かカウンターのなかで機能した。12分には津田のクロスにヘッドで合わせるも相手DFにブロックされた。
 
交代出場
FW
14 イバ 5.5(68分IN)
80分にはスルーパスに抜け出してGKをかわすもシュートは打ち切れず。救世主にはなれなかった。
 
MF
6 中里崇宏 5.5(74分IN)
1点を追うチームを中盤でパスを供給しながら支えた。だが、決定機は創出できずに試合終了のホイッスルを聞いた。

MF
24 松下年宏 -(83分IN)
セットプレーとクロスで千葉の守備を崩そうと試みた。もう少し長い時間でのプレーを見たかった。

監督
ミロシュ・ルス 5.5
「悪くはなかった」と語ったが、攻撃に圧力を生み出せなかった。早めに切った交代カードも効果は薄かった。

取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ