【鹿島】エース金崎に「ゴール」という挑戦状を叩きつけた19歳。2年目の鈴木優磨は開幕スタメンを勝ち取れるか

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2016年02月22日

基本技術やペース配分でスタメン組との差を痛感。

小笠原の正確なクロスにダイビングヘッドで合わせる。DFとの駆け引きを制したファインゴールだった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 改めて記すまでもないが、鈴木と金崎が険悪な仲というわけではない。
 
 事実、鈴木が囲み取材を受けていると、通りかかった金崎が足を止め、しばらく鈴木の受け答えを笑顔で見守りながら、「堅いなぁ」と茶化して去っていったぐらいだ。
 
 強気な発言でFWとしてのプライドを垣間見せた鈴木だが、自分が置かれている立場を真摯に受け止め、なにをしなければいけないかを理解しているのも、また事実である。
 
「自分とスタメン組を比べて、なにが足りないのかを考えたら、ボールを止めるとか、蹴るとか、単純なところで、自分はまだまだ足りていない。今はまだ途中出場の立場で、15分とか30分ならなにも考えず飛ばし続ければいいけど、スタメンから出るとなれば、ペース配分も考えなければならない。そういう部分でも差を感じている」
 
 やるべきこと、学ばなければいけないことはたくさんある。目の前にある克服すべき課題に、鈴木はギラギラした眼差しを向けているかのように言う。
 
「とにかく今は、ちょっとずつでも出場機会をもらえるように、結果を残してやっていくしかない……頑張ります」
 
 鹿島の開幕戦は2月28日(日)のアウェーG大阪戦。鈴木はいかなるシチュエーションでピッチに足を踏み入れるのか、楽しみに待ちたい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【PSM|採点&寸評】鹿島2-1水戸|鹿島が持ち前の勝負強さを発揮。食い下がる水戸を鈴木のダイビングヘッドで退ける
【鹿島】金崎“再加入”の舞台裏――リーグタイトルへの「執念」で完全移籍を勝ち取る
【鹿島】植田直通から溢れ出る自信。アジア制覇がもたらした昨季とは段違いの安定感
【G大阪】“今季初の大誤審”に丹羽が猛抗議。顔面ブロックがPK判定となり、「審判も(誤審を)認めていた」
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】理詰めの広島が見せつけた完成度の違い|ゼロックス杯

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ