• トップ
  • ニュース一覧
  • 新生・相模原が戸田和幸新監督と積み上げる新たな歴史。一新したチームで既存選手が受け継いでいくべき“諦め悪い姿勢”

新生・相模原が戸田和幸新監督と積み上げる新たな歴史。一新したチームで既存選手が受け継いでいくべき“諦め悪い姿勢”

カテゴリ:Jリーグ

舞野隼大

2023年01月14日

「諦めない戦いを継承していくべき」

「突き抜けるところまでみんなで行こう」。戸田監督は練習前のミーティングで熱を込めて選手たちに語った。(C)SCS

画像を見る

 すべてが新しくなった相模原だが、そのなかでも失ってはいけない、伝えていかなければいけないモノがある。

「自分はその時はいませんでしたが、相模原はJ2に昇格した時のような諦めない戦いができるチーム。そういうモノは継承していくべきだと思っています」

 そう話すのは、J2初年度の一昨季に加入したアタッカーの安藤翼だ。諦めずに戦った相模原は2020年シーズンの最終節、逆転でJ2昇格を掴み取った。そして、安藤が加入したシーズンも相模原は諦めの悪さを示した。
 
 第40節の愛媛FC戦では、終了間際の連続得点で残留を直接争うライバルに逆転勝利を収めるなど、何度も粘り強く戦ってきた。結果としては最終節にJ3降格が決まってしまったが、諦め悪く戦った安藤ら既存の選手には、そうした歴史を新体制になったチームへ繋いでいく役割が求められる。

「最後まで戦う姿勢を見せて、観てくださっている方々がワクワクして『また試合を観に行きたい』と思ってくださるようなゲームを常にしたい」と安藤は語気を強める。フィールドプレーヤー最年長でクラブ在籍3年目の26歳は、ひた向きに、泥臭くゴールへと向かっていける選手。クラブが大きく変わるシーズンになるが、ピッチ内ではその姿勢を変えず21名の新加入選手に背中で示してほしい。

 戸田新監督とともに進化し、変化していくモノと、変わらないで受け継いでいくモノ。この2つが重なり、SC相模原は今季、新たな歴史を積み上げていく。

取材・文●舞野隼大

【PHOTO】際立つデザインがずらり! Jクラブの2023年シーズン新ユニホームギャラリー

【PHOTO】2021年シーズン、選手たちを支えたSC相模原サポーター!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 
【関連記事】
「いつか日本代表監督に!」戸田和幸のSC相模原就任会見コメントが話題沸騰!「本当に言語化が上手い」
新加入選手のまさかの行動にファン拍手!「高揚感を与えたい」と意気込む戸田和幸新監督のもと、J3相模原が始動
「一線を越えた。謝罪すべきだ」ホン・ミョンボ監督の“最悪の日本人・嘘つき”発言を韓国メディアが糾弾!猛批判された天野純には賛辞「品格を守った」「アマノの勝利だ」
森保監督はなぜ一度も起用しなかった柴崎岳をカタールW杯に招集したのか。「なぜ使わないのかストレートに話した」
「かなりフィジカルだけど…」Kリーグ経験者の家長昭博が明かす“日韓の違い”。「韓国の方が秀でている」テクニックとは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ