• トップ
  • ニュース一覧
  • 「規律正しくて、競争心もある」前浦和指揮官ロドリゲスが母国スペインの記者に語った日本サッカーの “本当の姿”。森保Jの注目選手は?【W杯】

「規律正しくて、競争心もある」前浦和指揮官ロドリゲスが母国スペインの記者に語った日本サッカーの “本当の姿”。森保Jの注目選手は?【W杯】

カテゴリ:日本代表

マルコス・ドゥラン

2022年12月01日

「スペインが日本に対して気をつけるべきことは?」

ロドリゲス監督が注目選手に挙げた三笘。(C)Getty Images

画像を見る

――日本代表をどのように見ていますか?

「私が近年、最も多く見てきた代表チームだ。チームのコンセプトは明確で、ブレずに攻撃サッカーを掲げている。肝となるのが2列目の3枚で、6、7人の中から誰が出場しても、興味深い選択肢になる。中でも三笘(薫)と鎌田(大地)は上り調子でワールドカップに臨めそうだ。2人は明確なアイデアを持ってプレーできる選手でもある。

 日本はスペインとドイツと同居する難関グループ(このインタビューはワールドカップ前に実施)に組み込まれた。決勝トーナメント進出は彼らにとってとても大きな挑戦になる。DFを4枚にするのか、5枚にするのかは監督がこれから決めることだけど、明確なアイデアでプレーできるのが日本の強みだ。W杯で注目を集める可能性はある」
 

――スペインが日本に対して気をつけるべきことは?

「日本の守備をいかにこじ開けるかが課題だろう。スペインにはゲームを支配する力があり、日本はその分、守備に比重を置いてカウンターで対抗してくるはずだ。日本が4バックと5バックどちらを採用するにしても、ボールを奪われた瞬間からプレスをかけて、試合の流れをコントロールしながら、カウンターの芽を摘むことが重要になる。

 スペインが試合の主導権を握り、日本がショートカウンターで活路を見出す展開が予想される。もし私が監督なら、ラインが間延びするように、日本にプレスをかける余地を与えることも考える。相手を押し込みながら、あえておびき出す。そうやって2つの戦い方をミックスさせるんだ」

――最後に日本代表の注目の選手を挙げていただけますか?

「三笘は好調を維持している。単独で局面を打開する突破力の持ち主だ。他に鎌田や久保(建英)もいるし、守田(英正)、田中(碧)、遠藤(航)と中盤にもとてもいい選手が揃っている。どの選手も活躍が期待できるよ」

インタビュアー・文●マルコス・ドゥラン(RELEVO)
翻訳●下村正幸

【関連記事】
「意図が分からない。分かります?」本田圭佑が森保Jのセットプレーに苦言!「僕のは超分かりやすかった」【W杯】
過熱する三笘薫の“スタメン待望論”に本田圭佑が見解!「どうせスペイン戦はかなり厳しい試合になる。だったら…」【W杯】
「スウェーデンより進んでいる」浦和MFモーベルグが日本で受けた“衝撃”を母国紙に語る!「とても気に入っている」と称賛したのは?
スペイン戦のスタメンは?|指揮官は鎌田と“心中”するか。「オドオドしている」相手GKを前田が強襲[識者の見解]【W杯】
「90分間走り続ける」スペイン代表ダニ・オルモに訊いた日本代表の印象。「パスセンスがあり、とてもいい選手」と評したのは?【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ